予防接種を受けたけど脱毛できる?

予防接種を受けた後でも、脱毛はできるのでしょうか?

予防接種というと子供が受けるものと思いがちですが、寒くなる前には大人でもインフルエンザの予防接種を受ける人もいるでしょう。

職場によっては予防接種を、義務化しているところもあるかもしれませんね。

予防接種が脱毛に影響するか、気になりますよね。

クリニックやサロンの方針にもよりますが、予防接種を受ける前後10日間の脱毛は避けた方がベター。

実際、脱毛NGのサロンも多いようです。

予防接種を受けるとどうして脱毛ができなくなるか、解説します。

■予防接種が身体に与える影響

みなさんご存知の通り、予防接種は病原体ワクチンを注射して、体内に抗体を作る方法です。

身体は入ってきた病原体に対して体の自助作用が働くので、接種後の体は一時的に病気と闘っているような状態になります。

個人差がありますが、微熱が出たり、だるくなったり、いつもとは違う症状がでることも。

それだけに予防接種を受ける当日の体調管理はとても大切。

もちろんワクチン接種後も、しばらく安静にする必要があります。

■予防接種前後の脱毛の影響

このように予防接種後の体は、侵入してきた病原体に対抗するために力を使います。

そのため、他の刺激に対して耐性が弱くなってしまうことがあります。

脱毛の刺激もその一つ。

肌へのリスクが高くなるので、予防接種後の脱毛はおすすめしません。

予防接種後の肌が敏感になったり、肌のバリア機能が下がったりしているときに、脱毛のような強い刺激は危険だからです。

特に、予防接種直後の脱毛は、赤みがでたり、腫れが引かなくなったりする肌トラブルの原因となることもあります。

脱毛の部位と予防接種の部位が離れていたとしても、体の中では様々な要素が複雑に関係しています。

脱毛も予防接種も体の刺激になることは同じです。

まずは体調を整えた上で、脱毛をするようにしましょう。

■何日くらい脱毛はできないのでしょう?

予防接種後は2〜3日もすれば、脱毛を受けられると思っている人は多いのではないでしょうか。

だいたい予防接種前後10日間は、脱毛することはできません。

脱毛ができない期間が、長くてびっくりするかもしれませんね。

サロンによっては予防摂取後2週間してから、ようやく脱毛が始められるところもあるくらいです。

でもこれは、予防接種のリスクを回避するために必要な待機期間。

無理をして肌トラブルを起こしてしまっては大変です。

安全と健康のためにも、ここは辛抱強く待つことが大切です。

■冬の予約に気をつけましょう

インフルエンザなどの予防接種の機会が増える冬の期間は、脱毛の予約は慎重に行いましょう。

寒い季節も、インフルエンザに負けずに脱毛も快適に続けるポイントは、予約の取り方にあります。

少し面倒に感じるかもしれませんが、予防接種と脱毛が重ならないようにスケジュール調整する必要があります。

脱毛と予防接種日を、できれば2週間以上開くように予約すると安心です。

予防接種の予定は、ある程度前から組むことができるので、わかった時点でサロンに相談するようにしましょう。

突然のキャンセルや予定変更は、キャンセル料金が発生することもあるので注意してください。

ページの先頭へ戻る