脱毛施術当日は服装に制限はある?

初めてのサロンでの脱毛は、誰もが緊張しますよね。

中には緊張で、おなかが痛くなる人もいるようです。

ネットなどで情報は色々知っていても、いざ自分がサロンで脱毛となるとドキドキしますね。

脱毛初日に気になるのは、どんな服装でサロンに行けばよいのかということ。

髪型やお化粧はどうしたらいいの?

脱毛当日におすすめの服装やスタイルについて、解説します。

■サロンでは脱ぎやすさがポイント

服装は、上下が分かれているシンプルなものが良いでしょう。

後ろにファスナーがあるものや、ボタンの多いものは着脱に時間がかかるので避けた方が無難です。

脱毛する箇所にもよりますが、全身脱毛の場合は基本的には全て脱ぐ必要があります。

サロンが用意してくれる、紙ショーツをつけ専用のバスローブなどに着替えて施術にはいります。

施術中は脱毛する部分以外には、バスタオルなどをかけてくれます。

また、部分脱毛のときは、その部分が見えやすい服装の方がいいでしょう。

ワキや腕の脱毛では、着替えの必要がないようにタンクトップを着ていくと便利です。

また、足脱毛ではゆったりしたスカートなら、着替えなしで脱毛できる場合も。

施術の時間を短縮することにもつながるので、サロンへ行く日は脱ぎやすい服装を心がけましょう。

■脱毛の前後は肌を守ることも大切

脱毛の前後に日焼けはNGです。

特に春から夏にかけて紫外線の強い季節はきちんと日焼け対策をして出かけましょう。

脱毛後に湿疹や赤みなどの肌トラブルを引き起こす可能性になります。

特に脱毛した後の肌は、熱を持っているので注意が必要です。

肌への優しさと言う点では、化学繊維はできるだけ避けたいところ。

コットンなどの肌触りのよい、自然素材を選びましょう。

また、ぴったりとしている服や身体を締め付けるタイプのものは、肌との摩擦が刺激になります。

かゆみや炎症の原因になることもあるので、ゆったりした服装がおすすめです。

■露出を避けたい、もうひとつの理由とは

脱毛当日の2日前までに自分でむだ毛を処理してから、サロンへ行くことになっています。

当日に剃って行くと、光脱毛の反応する黒い部分が少なく脱毛の効果が期待できません。

そのために脱毛当日にはむだ毛が、1mm位生えている状態が好ましいと言われています。

つまりサロン当日は、うっすら毛が生えている可能性があるということ。

この点からも、肌の露出はできるだけ避けた方が無難です。

施術後の肌の赤みをカバーする上でも、露出の少ない服装で出かけましょう。

■髪型やメイクは?

脱毛する場所によっては、施術時にうつ伏せになったり仰向けになったりすることがあります。

そんな時に、いちいち髪型を気にしてはいられません。

髪が長い人はシンプルに後ろで結ぶのがおすすめです。

仰向けにもなりやすく、髪が邪魔で脱毛しにくいこともありません。

また、メイクは顔の脱毛をする時には必ず落とします。

サロンで落とすこともできるので、肌が敏感な人は自前のクレンジングや基礎化粧品なども持参した方がいいでしょう。

脱毛時には、顔に髪の毛がかからないようにヘアバンドを着けるので、帰りの髪型が気になる人は整髪剤の準備もしておくと安心です。

■ボトムは通気性の良いものが○

見落としがちですが、靴やストッキングにも気をつけたいところ。

ブーツは脱ぎにくだけでなく、内側がかなり蒸れている可能性も。

通気性のよい靴を履いていけば、施術時に足が臭うのではと気にせずに済みます。

また、ストッキングは化繊である上に、肌に密着するので脱毛後の刺激になる恐れも。

同じ理由で、びったりとしたショーツもおすすめできません。

特にVIO脱毛の後は、敏感になったデリケートゾーンやVラインが摩擦で黒ずむ原因になります。

うっかりきつめのショーツをはいて、炎症や色素沈着を起しては悲しいですよね。

■脱毛優先のリラックスできる服で

ファッションを重視したい気持ちもわかりますが、脱毛しているときは、まずは肌をいたわることが大切です。

優しい素材で気やすい服を着て行けば、脱毛後の肌が喜ぶだけではなく、ちょっと緊張したサロンの後にもほっとできるのではないでしょうか。

気張らずに、リラックスしていきましょう。

ページの先頭へ戻る