妊娠・授乳中なんですが脱毛できますか?

女性にとって、妊娠や出産はとても大きな出来事。

赤ちゃんができたことは、嬉しいことであり、自分の体の中で新しい命が生まれ育んでいく神秘なできごとです。

妊娠すると、赤ちゃんの成長と母体を作るためにホルモンが動き始めます。

そんなときに脱毛は可能なのでしょうか。

脱毛は一度通ったからと言って、それで脱毛完了ではありません。

ある程度の効果を実感するのまでには個人差がありますが、1年位の期間が必要です。

その間には、もし妊娠していることがわかったら、脱毛は続けてもいいのか迷いますよね。

妊娠中や出産後、授乳中の脱毛について解説します。

■妊娠中の体の変化と肌の変化

妊娠すると敏感な人は体がいつもと違うことに気づきます。

胸がむかむかしたり、体がほてったり、肌が乾燥したりすると感じることも。

これは妊娠によって、体のホルモンバランスが変化したことで起こる症状です。

妊娠をすると体温が上がり汗をかきやすくなります。

人によっては、食べ物の好みの変化や胃もたれ、貧血、腰痛、トイレが近くなることもあります。

また肌は乾燥しやすくなり、湿疹やかゆみが出たり、それまで使っていた化粧品が合わなくなる場合も。

黄体ホルモンがメラニンを作るメラノサイドを刺激するので、シミもできやすくなります。

妊娠中は、体の変化はもちろん、肌も敏感になっていることを覚えておきましょう。

■妊娠中は脱毛はお休みして

脱毛を始めてから妊娠が分かったら、まずは通っているサロンに連絡をしましょう。

対応はサロンによって様々ですが、妊娠中の脱毛はNGのところが多いようです。

急激な体の変化やいつもと違うホルモン状態にあるときに脱毛をすると、痛みを感じやすかったり、肌にダメージが出やすいことがあるからです。

また、毛周期も狂いがちなことや、ホルモンの影響でシミが増えていると、脱毛自体の効果が見えずらいことも理由のようです。

気になる、光照射が赤ちゃんに与える影響については心配はありません。

フラッシュ脱毛の光は、肌から3mmとちょうど毛根の辺りまでしか届きません。

■産後、授乳中のサロンの対応は?

産後や授乳中の脱毛についても、妊娠中と同じようにサロンによって対応は違います。

はじめの生理が過ぎたら脱毛が始められるところ、授乳が終わってから脱毛が再開できるところと様々です。

光照射は母乳に影響を及ぼすことはありませんが、授乳中も肌は敏感なので脱毛に適さないというのは事実です。

脱毛の刺激で肌がトラブルを起こしてしまっては、赤ちゃんのお世話にも集中できなくなってしまいます。

また、産後に分泌されるプロラクチンというホルモンが、発毛を促す働きがあるので脱毛効果を実感しにくい可能性も。

授乳期間はじっくり赤ちゃんと向き合うことに専念して、脱毛は少しお休みすることをおすすめします。

■家庭用脱毛器なら使える?

家庭用脱毛器も、基本的にサロンの脱毛と仕組みはほとんと同じです。

光の出力の違いがあるだけなので、やはり妊娠や授乳中は避けた方がいいでしょう。

どうしてもむだ毛が気になる時には、肌に刺激の少ない方法で処理しましょう。

安全な顔用シェーバーや脱毛クリームなら、肌を痛めずに脱毛できます。

ただしそのような方法でも、脱毛処理後は肌は敏感な状態になっています。

必ず肌の保湿ケアをして、肌のダメージを最小限にとどめましょう。

■妊娠中のサロン対応も選ぶときのポイントに

今後、妊娠する予定のある人は、サロンを選ぶときに妊娠中や産後の対応についても確認することをおすすめします。

脱毛を始めてから妊娠が分かった時にどうするのか、妊娠中に期限が切れてしまう場合はどうするかなど、きちんと事前に確認をしておきましょう。

契約については、年間、月払い、脱毛部位など、サロンによって規定が違います。

期間無期限のところもあるので、そうしたサロンだと安心ですね。

妊娠も脱毛も安心して続けられるように、気になることは迷わずに聞いていくこが、全身脱毛への近道です。

ページの先頭へ戻る