全身脱毛始めるなら妊娠前と出産後のどちらがおすすめ?

つるつるお肌のお母さんを目指すのなら、妊娠前に脱毛を終わらされることを断然おすすめします。

妊娠中から産後、授乳期間にかけては、サロンでの脱毛しにくい期間が続きます

授乳期間が終わっても、小さな子供を連れてサロンへは行けませんよね。

特に全身脱毛をするなら、身軽なうちに始めるのが○。

妊娠中の体の変化を考えると、妊娠前に脱毛をすませることがどれだけ楽かわかると思いますよ。

妊娠前脱毛のメリットについて解説します。

■妊娠中の女性の体の変化

妊娠前脱毛のメリットの前に、知っておきたいのが、妊娠後の体の変化についてです。

女性の身体は妊娠した瞬間から、ホルモンの分泌が活発になり、赤ちゃんを育むためと母体を作るために動き出します。

肌は乾燥したり敏感になりやすいので、ちょっとの刺激で痛みを感じたりトラブル起こしやすくなります。

これだけでも脱毛には適さないのですが、さらに脱毛にはむかない理由があります。

妊娠期間中は周毛期が乱れがちになり、シミも増えやすくなります。

光脱毛は毛周期に沿ってスケジューリングする上に、光が黒い色に反応してしまうシミが増えやすい妊娠中は効果が得にくくなります。

このように肌にもめまぐるしく変化が起きるので、ほとんどのサロンでは妊娠中の脱毛は受け付けていないのが現状です。

■妊娠前脱毛で快適妊娠ライフを

サロンでの脱毛でつるつるお肌にするためには、約1年前後の時間が必要です。

赤ちゃんはもう少し先がいいと思っている妊娠前が、全身脱毛のはじめ時。

何度かサロンに通っていれば、VIOも思ったように脱毛されているので、妊娠中の検査の時にも慌てずにすみます。

病院によっては出産時にVIOの剃毛をするように指導される場合もありますが、大きなおなかでデリケートゾーンの毛を剃るのは大変です。

妊娠中はただでさえ、体と心の変化でストレスがたまりやすくなります。

そんな期間に、ムダ毛のことで頭を悩ませたくはありませんよね。

妊娠前に脱毛を終えていれば、ゆったりと妊娠期間がすごせます。

■妊娠中&産後は自己処理も難しい?

個人差がありますが、妊娠初期はつわりが始まり、中には起き上がることもできない人もいます。

つわりの重たい時には、むだ毛が気になったとしても、処理をする気力も出てこないでしょう。

妊娠中期は比較的動きやすい時期ですので、むだ毛の処理はしやすいですが、肌バリアが下がっていることには変わりません。

さらに妊娠8ヶ月を過ぎて、おなかが大きくせり出してくると、ムダ毛の自己処理も難しくなってきます。

日常の何気ない動作もしづらくなり、身体が重たく、ちょっとの動作が億劫に感じることも出てきます。

身体がこういう状態の時では、ムダ毛の処理までこなすのは大変です。

さらに産後に赤ちゃんのお世話となれば、育児の忙しさで脱毛サロンどころではなくなります。

自己処理をする時間があったら寝たい、というママさんが多いはずです。

このように妊娠中や産後のムダ毛処理は、物理的にも心理的にも大きな負担になることを覚えておきましょう。

■どうする妊娠中のむだ毛処理

それでも妊娠中にムダ毛の処理がしたいときは、どのようにしたら良いのでしょうか?

家庭用の脱毛器具は光の出力が違うだけで、サロンの脱毛器とほぼ同じ働きです。

そのため効果が実感しにくかったり、肌荒れの原因になりやすいので避けた方が良いでしょう。

そんな時は、妊娠中のデリケートな肌に負担がかかりにくい、顔用シェーバーを使いましょう。

肌への負担はゼロとは言えませんが、その他の処理方法に比べれば安全です。

シェーバー使用後には、お肌に優しい保湿剤を使って肌をいたわりましょう。

■産後ものんびりすごすために

出産後もホルモンの変化は1年くらい続きます。

産後の脱毛について、サロンの対応は様々ですが、授乳期間が終わってから脱毛を受け付けているサロンが多いという印象です。

早いところでは、はじめの生理が来たら脱毛を開始できるところもあるようですが、小さな赤ちゃんを連れて行けるサロンは残念ながらありません。

そうなると、しばらくはの自己処理ということになりますが、ホルモンバランスが崩れ肌が敏感なことは同じです。

無理な自己処理はは、肌荒れの原因になり、返って脱毛期間を長引かせてしまう可能性もあります。

せっかくの赤ちゃんとの時間を、ストレスや不安な気持ちで過ごすのはもったいないですよね。

母体をいたわり、赤ちゃんとの貴重な時間をゆったり過ごすためにも、妊娠前につるつるな肌を手に入れたいものですね。

ページの先頭へ戻る