脱毛サロン解約したい!クーリングオフと中途解約

100円でワキだけ脱毛するつもりが、うまく乗せられて何十万円もするコースを契約した。でもお家に帰って冷静に考えてみたらやっぱり高すぎる!
何度か通ってみたけどスタッフの対応にムカついた!もうこんなサロンやめたい!
こんな風に悩んだことはありませんか?
脱毛サロンは手続きすればスッパリ解約することができます。2つの脱毛サロンのやめ方を説明しましょう。

・3つの条件を満たせばクーリングオフできる
<条件>
契約をした日から8日以内
契約期間が1ヶ月以上ある
契約金額が総額で5万円以上
この3つ条件を満たせばクーリングオフで契約をなかったこときます。

クーリングオフという言葉を聞いたとがありますか?
脱毛サロンの場合、契約から8日以内・契約期間が1ヶ月以上・契約金額が合計で5万円以上
の3つの条件を満たせばでクーリングオフの制度を使って「解約手数料なしで契約をなかったことに」できます。
契約直後にやっぱりやめたいと思ったらクーリングオフ制度を利用しましょう。

もし施術を受けた後であっても、3つの条件を満たしていれば問題なくクーリングオフできます。
ただし、施術の時にローションやジェルなどの消耗品が使われた場合は、その分の料金だけは負担する必要があります。

また、サロンから脅されるなどの妨害に合ってクーリングオフができなかった場合は、8日を過ぎていてもクーリングオフができます。

なお、クーロングオフに解約金は必要なありません。解約手数料を取るのは違法です!
クーリングオフを利用した時に、もし代金から解約料が差し引かれていたら返還請求をしましょう。

・クーリングオフのやり方
はがきに必要事項を記入して「特別郵便」もしくは「簡易書留」などの記録の残る方法でサロンに送ります。
代金をクレジットカートで支払った場合は、同じ内容・方法で必ずクレジット会社にも送ります。

<サロン宛て>
題名:通知書
意思表示:次の契約を解約します
契約年月日:平成○年○月○日
商品名:○○○○○○
契約金額:○○○○○○円
販売会社:○○○○株式会社 ○○○営業所 担当者○○○
文言:支払った代金○○円を返金し、商品を引き取ってください。
日付:平成○年○月○日
住所:自分の住所 
氏名:

<クレジット会社宛て>
題名:通知書
意思表示:次の契約を解約します
契約年月日:平成○年○月○日
商品名:○○○○○○
契約金額:○○○○○○円
販売会社:○○○○株式会社 ○○○営業所 担当者○○○
クレジット会社:○○○株式会社
追記:つきましては、私が代金(の一部)として支払いました
  金 ○○○円をすみやかに返還してください。
日付:平成○年○月○日
住所:自分の住所 
氏名:

<チェックポイント>
□証拠を残すために必ず書面で行う
□特別郵便・簡易書留など記録の残る方法で相手に送り、控えを保管しておく
□送る前のはがきを両面コピーして保管しておく

書き方や手続きの方法が分からないときは、悩んでいないでスグに消費生活センターや行政書士に相談しましょう。

・2つの条件を満たせば中途解約できる
<条件>
契約期間が1ヶ月以上ある
契約金額が総額で5万円以上
この2つの条件を満たしていれば、解約金を払って契約を解約することができます。

クーリングオフができる期間を過ぎてしまっても、解約金を支払えば脱毛サロンをやめることができます。
これを中途解約と言い特定商取引法の49条でしっかり定められています。
解約できる契約の条件は契約期間が1か月以上・契約金額が5万円以上の2つです。

契約しているサロンに電話をかけ、解約したい旨を伝えれば手続きのしかたを案内してくれます。
突然お店に行っても手続きはできないので、必ず事前に電話で問い合わせましょう。

なお、施術を「受ける前」と「受けた後」では解約金額が違うので注意が必要です。

施術を受ける前:上限2万円

施術を受けた後:受けた施術分の料金+2万円 または
        受けた施術分の料金+受けていない施術分の料金の10% のどちらか低い方
となっています。

例えば10回全身脱毛が受けられるコースを50万円で契約しているとします。
2回施術を受けた後に解約しようとした場は、

 50万円÷10回=1回の料金は5万円

(5万円×2回)+2万円=12万円
(5万円×2回)+(5万円×8回)×10%=14万円

で、低い方の12万円が解約金額になり、
50万円−12万円で38万円が手元に戻ってきます

・役務提供期間に注意
役務提供期間内に中途解約をしないとお金が返ってきません。

脱毛サロンとかわす契約書には、「役務提供期間」が必ず記載されています。
「えきむ」と読み、サービスのことを意味しています。

役務提供期間を過ぎてしまっている中途解約の手続きはお金を返してもらえません。
料金をクレジットカードで払っている場合は、支払を続けなければなりません。

ですので、契約をするときに「役務提供期間を過ぎても脱毛することができますよ」といった誘い文句には注意が必要です。

しばらく行っていなかったサロンで久しぶりに施術を受けて、やっぱり中途解約しようと思ったら役務提供機関を過ぎていてお金が返ってこないといった事態に陥らないようにしましょう。
行かなくなったエステはさっさと解約するのが鉄則です。

・医療脱毛はクーリングオフ・中途解約できない
医療脱毛はクーリングオフ・中途解約ができません。

医療脱毛は医療行為のため特定商取引法の対象外です。
そのためクーリングオフや中途解約はできません。

最近は途中解約手数料0円で返金してくれるクリニックも増えているので、
契約する前に必ず返金時の対応について確認をしておきましょう。

・月額制のサロンはいつでもやめられる
月額制の脱毛サロンは大金を一気に払う必要がないので安心です。
気に入らなければいつでも止められます。
例えばキレイモなら最短で2か月で止められます。

脱毛サロンの解約で痛い思いをした人や、脱毛サロンとの契約自体を不安に思っている人は月額制のサロンも検討してみましょう。

ページの先頭へ戻る