勧誘なしはウソ?脱毛サロンの上手なお断りテクニック

勧誘ゼロとうたっているサロンであっても、
もし仮にあなたが、Aプランの他にBプランも気になるようなそぶりをすれば、カウンセラーはちゃんと説明してくれようとする。
それを勧誘ととらえる人もいれば勧誘ではないととらえる人もいる。
こんな時は、シンプルなプラン体系のサロンを選ぶと良い。
シンプルなので、あなたもあれこれ迷わないし、サロン側も売り上げを上げるための営業(アップセル)をする必要がない。
他の方法として、複数のカウンセリングに申し込んで、
「別のサロンもカウンセリング受けるので比較検討してご連絡します」という。のも有効。

脱毛サロン=「勧誘がものすごいイメージ」を持つ人や、
実際にしつこく勧誘を受けて嫌な思いをしたことがある人は多いのではないでしょうか?
何度も通うことになるサロンとは気持ちのよい関係でいたいですよね。
今回は押しに弱い人必見の上手な勧誘の断り方を整理しました。

・上手な断り方
「サロンが解決できない個人的な問題を持ち出して断る」としつこくされません。

例えば、断り方の決まり文句「お金がないんです。」は、具他的でないのであまり効き目がありません。
サロンの人に「クレジットカードで分割払いができるので、毎月○○○円で済んじゃいますよ。」という具合に切り替えされてしまいます。
お金がないことを理由にしたいのであれば、「家のローンがあって家計に余裕がない」「専業主婦・学生でローンは組めない」
「就職活動・求職中なのでお金がない」「お財布は彼氏・旦那さんが管理しているので相談する必要がある」というように、
「具体的にどうしてお金がないのか」と「サロンに解決できるような問題ではない」ということをキチンと伝えます。

そのほかの断り文句として「時間がない」も具体的にどうして時間がないのかを伝えるべきです。
あいまいな断り方だと、「最新の機材を入れているから施術に時間はかかりませんよ」「駅近だから時間がなくても大丈夫ですよ」と言って勧誘が続いてしまいます。
時間がないことを理由にするなら、「子供を迎えに行かなくてはいけない」「家族の介護をしなくてはならない」「友達と○時に約束しているので」というように伝えましょう。
また、「他のサロンも検討していてそっちのカウンセリングに行く」と言うのも有効です。
複数のサロンを比較検討することは自分に合う脱毛サロンを選ぶためには必要なこと。
実際に「まるごと1日カウンセリングの日」と決めて時間をずらして複数のサロンで話を聞いてみると、
集中してサロンごとの違いを感じるられるだけでなく、その場で契約させられるリスクを回避できます。

カウンセリングの時に勧誘を受けなかったとしても、
「あと数回で終わり」のようなタイミングでしつこく誘われる場合があります。
契約後のしつこい勧誘にはその場しのぎの断り方ではなく、
「今後は契約できません」というはっきりとした意思を伝えると良いです。
例えば、「彼氏・家族に内緒にしていたのがバレてしまった」「子供のお稽古代・家族の介護にお金回さないといけなくなったからしばらく通えない」
だから次の契約はできませんというように断ります。

・勧誘なしはウソ?
自分が勧誘された!と思い込んでいるパターンも多い。

最近は「勧誘なし」とか「強引な勧誘はしません」とホームページなどで宣言していサロンも増えてきました。
でも口コミサイトを見てると「勧誘ゼロのはずなのにガンガン来た!」「何度も同じことを説明されてなかなか帰してもらえなかった」
という書き込みを沢山目にするのはなぜでしょう?

それは、本人が勧誘を受けたと感じているケースも多いからです。
お客さんが興味をもっていそうだったから丁寧に説明しただけなのに、
人によってはそれを勧誘されたと感じてしまうこともあります。

中には勧誘をしないとウソついているサロンもあると思います。
でもウソをついたらサロンのイメージが悪くなるだけです。

・カウンセリングで予防線を張る
「別のサロンでしつこい勧誘にあって、嫌になって違うサロンを探している」だとか、
「ワキだけやりたくて、それ以外は全くやる気がないんです」とはっきり宣言しておくと、
「あ、この人にはあまり勧誘をしてはいけないんだな」というように予防線を少なからず張ることができます。

・嫌な思いをしたら
契約前ならそのサロンは絶対に選ばない。
契約後なら勧誘してきたスタッフに二度と当らないようお店にお願いをする。

無理な勧誘をしてくる=「あなたのためを思って脱毛をしてくれない」ということです。
売りたい気持ちばかりのサロンはお客さんに寄り添う気持ちがありません。
契約前ならそのサロンは絶対に選ばず、別のサロンを探しましょう。
嫌な思いをしながら脱毛に通う必要なんてないのです。
契約後であれば、お店にお願いしてそのスタッフに二度と当らないようにしましょう。

・不本意な契約はクーリングオフ・中途解約をする
納得の行かない契約を結んでしまった場合、条件を満たせば契約をした日から8日以内であればクーリングオフできます。
契約してしばらく経っているのであれば中途解約をしましょう。

・勧誘なしのサロンはどこ?
キレイモがおすすめ。

勧誘の有り無しは「システムがシンプルかどうか」で見極めます。
複雑な料金体系やコスメ・美顔器などのオプションアイテムがあるところは
アップセルをして客単価を上げるのに必死です。
必然的に勧誘が多くなるのは想像がつきますよね。

例えば、キレイモは料金体系がシンプルでケア商品などもないため、
勧誘をする必要がサロン側にありません。
だから勧誘される心配もないというわけです。

ページの先頭へ戻る