脱毛カウンセリングを受ける前に準備しておくこと

脱毛のカウンセリングを受けるにはきちんとした準備が必要だって知っていましたか?
あー脱毛したいわぁー。と漠然として思っているだけではダメなんです。
どんな準備が必要なのか確認してみましょう。

・カウンセリングまでの流れ
1:話を聞いてみたいと思ったサロンのカウンセリング予約をする。
 電話かネットで予約できます。

2:カウンセリングの準備をする
<カウンセリングに持っていくもの>
重要なのは、筆記用具を持っていくことと、質問リストを持っていくことの2つ。
聞きたいことを事前に書き出してリストにして持っていけば、不安に思っていることをくまなく聞くことができます。
また、筆記用具でカウンセラーの話をメモすれば聞いたことを忘れてしまってもすぐに思い出せますよね。
なお、未成年者の契約には親権者の同意書か同席のどちらか、またはお店によってその両方が必要になるので、
カウンセリング当日に契約したい場合は、事前に何が必要なのか電話で確認しておきましょう。

□身分証明書。(保険証、免許証、パスポートなど)
□当日契約する気なら現金やクレジットカード
□ペン
□ノート
□質問リスト

<カウンセリングで質問したい大切なこと>
カウンセリング時に聞いておきたい重要ポインがいくつかあります。
自分の質問リストに追加してサロンへ確認してください。
しっかりと理解・納得したうえで契約することが大切です。

□予約した日に行けなかった場合に何かペナルティはあるか(1回分消化される、キャンセル料をとられるなど)
□シェービングサービスがあるかどうか。ある場合は有料なのか無料なのか聞く。
□剃り残しがあった時はどう対応するのか(その部分を避けて施術する、シェービングをして施術してくれるなど)
□打ち漏らしがあった場合はどう対応してくれるか。(保証しない、相談すれば対応してくれるなど)
□サロンに通う頻度(毎月、3か月に1回など)
□スタッフの経験年数(どのくらいベテランなのかの指標になります)
□施術する人を指名できるか
□希望部位の脱毛に必要な回数・だいたいかかる費用・支払方法について
□施術料金の他に請求されるお金があるか(美顔器やコスメなど)
□変な勧誘をされないかどうか
□予約の取り方・変更の仕方
□サロンが混む時期・時間帯
□契約の有効期間と途中休止ができるかどうか
□途中解約する場合の解約方法・返金の有無・返金額の計算方法。(違約金が発生するかどうかも確認)
□会社がつぶれてしまった時はどう対処してくれるのか
□火傷などの肌トラブルが起きた時の対応(医療費を払ってくれるかどうかなど)

特にお肌が弱い人は、万が一肌にトラブルが起こった時の対処をしっかりと聞いておくことをおすすめします。
クリニックと提携してるサロンの場合は素早い対応が取れるため安心です。
また、妊娠の予定がある人は、契約の有効期間が長いかどうか確認しましょう。
出産後もすぐには脱毛を再開できないので、期間が短いと期限切れで脱毛が受けられなくなってしまいます。

3:お店に行ってカウンセリング開始
嫌な顔されるかな?なんて気にせずに、聞きたいことはどんどん質問するべし!
その場で契約する必要はないので、ゆっくりと考えて決めましょう。
日を置いたら新たな疑問点が出てきたりもします。
強引な勧誘を断る自信がないときは、「他店のカウンセリングも予約してるので比較検討します。」
と言ってさっさと帰りましょう。

・カウンセリング関連のよくある疑問
<カウンセリング当日の毛の処理は必要?>
当日施術をしないのであれば自己処理してこなくてOK。
自己処理してくる場合は、抜く、除毛剤での自己処理はNG。
カミソリもしくは顔用の電気シェーバーで処理してくること。
ムダ毛を生やしたままでお店に行きたくない!と思っている場合は、
先に電話で、カウンセリングのときに毛量や生え方を確認するかどうかを質問しておいた方が安心。
何もせずそのまま来てと言われたら、諦めてありのままの自分で来店しましょう。

<カウンセリングは必須ですか?>
これは絶対に必要。
あなたがお店を知らないのと同じで、お店もあなたのことを知りません。
悩みや気になることなどをどんどん相談して、お店にあなたのことを知ってもらいましょう。
そしてあなたもお店のことをよく知ってください。

<脱毛カウンセリングにかかる時間はどのくらい?>
大体1時間〜2時間程度かかります。
お肌の状態や毛の確認に時間を割いて丁寧に話を聞いてくれるサロンは信頼できます。

<カウンセリングは事前予約が必要ですか?>
必要。完全予約制のところがほとんどです。

<カウンセリングと同じ時に施術可能ですか?>
お店やお店の予約状況によって違うので、事前に問い合わせてみてください。

ページの先頭へ戻る