家庭用脱毛器で十分な効果が得られるのでは?

脱毛サロンデビューをするか、家庭用脱毛器を購入するかで悩んでいる人もいることでしょう。

数万円で買える家庭用脱毛器も登場しいて、自宅で処理ができるとなれば、サロン脱毛よりも魅力的に感じるかもしれません。

しかし、家庭用脱毛器にはそれなりにリスクがあることも事実。

家庭用脱毛器とサロンでの光脱毛の違いを比べて見ましょう。

■家庭用脱毛器のメリット

家庭用脱毛器の利点は、なんと言っても自宅で自分の都合に合わせて脱毛ができることでしょう。

誰かの目を気にすることなく、時にはテレビを見ながらできるほどの手軽さがあります。

いくらサロンの人とはいえ、知らない人にムダ毛の脱毛をしてもらうのが恥ずかしい人には、家庭用脱毛器はうれしい存在です。

また脱毛サロンへ通う手間も、もちろん予約を取ったりキャンセルをしたりという必要もありません。

カミソリや毛抜きでの自己処理に比べて、肌への悪影響が少ないので、自宅で脱毛を考えている人にはうれしい選択肢と言えるでしょう。

■サロンでの施術はプロの技

一方、サロンでの脱毛にもしっかりメリットがあります。

脱毛の技能をきちんと修得した施術師に、肌や毛の状態に合わせて脱毛してもらえるので、安心感が違います。

その時の肌の状態に合わせて、出力の調節はもちろん、照射漏れがないように処理するので、脱毛の効果も得やすくなります。

脱毛後の肌のお手入れまで、組み込まれているサロンが多いので、肌トラブルの心配が少ないこともメリット。

また背中やVIOなど、自分では手が届かず、目で確認するのも難しい部分は、やはりプロに任せるのがおすすめです。

サロン脱毛なら、自分では見えないところやデリケートな部分も、脱毛のプロが丁寧にお手入れしてくれます。

今では全身脱毛でも費用を抑えたプランや、月額払いができるなど、お財布にも優しいサロンも登場しています。

サロンに通うことを億劫に感じる人もいると思いますが、脱毛スケジュールにそって定期的に脱毛するのが、完了までの一番の近道です。

■使われる機械の違い

実は、同じ光脱毛機器でも、サロンで使われているものと家庭用では、機械の性能をには大きな違いがあります。

もちろん効果が高いのは、サロンの脱毛器になります。

家庭用の脱毛器は、誰でも気軽に扱えるよう出力は小さい仕様になっています。

そのためサロンで脱毛をするよりは、どうしても効果がでるまでに時間がかかります。

自宅でのケアは、つい気持ちにもゆるみが出て、脱毛ケアを怠けてしまう人もいます。

ただでさえ効果が表れるのに時間がかかるのに、脱毛を怠れば効果が出ないのは当然です。

また出力が小さいとはいえ、肌に負担がかかっていることに変わりはありません。

サロンと同じく、日焼けを予防したり、肌の保湿を忘れないことや、生理時には脱毛をしないなど、自己管理が求められます。

後々の肌トラブルを避けるためにも、お手軽さだけに流されず、脱毛方法を選ぶことが大切です。

■家庭用脱毛器の方が高くなることも

家庭用脱毛器の価格はだいたい7万円台と、サロン脱毛よりもかなりお安いのが特徴です。

ただしランプ部分のカートリッジを交換には、1万円前後かかるので、脱毛完了まで時間がかかればそれだけ費用もかさみます。

目先の費用だけにつられると、結果的に費用が高くなり満足できる脱毛効果が得られない場合もあります。

サロン脱毛と家庭用脱毛器で迷っているなら、まずはサロンの無料カウンセリングを受けてみることをおすすめします。

サロンの様子や施術の確かさ、費用も納得できるのかなど確認した上で、どちらにするかじっくり考えてみましょう。

ページの先頭へ戻る