エステ脱毛でも産毛への効果はある?

ムダ毛を気にする人の中には、産毛も脱毛したい考えている人もいるでしょう。

それほど目立つわけではありませんが、気になりだすときらきら光って目に付いてしまいますね。

太いしっかりしたムダ毛はもちろん気になりますが、場所によっては産毛が気になる部分もあるでしょう。

エステ脱毛は産毛にも効果があるのか、気になるところ。

産毛の脱毛方法や期間について解説します。

■産毛脱毛は長期戦を覚悟で

サロンの光脱毛は、毛の黒い色に光を反応させて、毛根を破壊する方法です。

そのため、太くはっきりとした毛には効果が出やすい一方、色素の少ない産毛には反応しにくいのが特徴です。

とはいえ、全く脱毛効果がないわけではありません。

根気よくくり返し施術を受け続けていれば、光脱毛でも産毛が薄くなってくる効果はあります。 

ただし回数制限や期間制限があるサロンが多いので、産毛まで対応できるかどうかは脱毛の進行具合にもよります。

どうしても産毛が気になるときは、サロンに相談して対応してもらえるか確認してみましょう。

■産毛脱毛の難しさは毛の色だけじゃない

産毛はメラニン色素が少なく、光照射に反応しにくいという特徴があります。

そのために通常より、出力を高くしないと脱毛の効果が現れません。

しかし出力を上げるということは、肌への影響あるということ。

肌を痛めないようにしながら産毛脱毛をするためには、出力の調節が難しく通常のムダ毛より慎重に行う必要があります。

その結果、脱毛の回数が増えてしまうこともあるでしょう。

また、毛は細いほど生えてくるスピードがゆっくりなことも、脱毛期間が延びてしまう原因になります。

産毛自体の毛周期がゆっくりなので、根気よく続ける必要があります。

■産毛脱毛のメリット

時間のかかる産毛脱毛ですが、産毛がなくなると嬉しい効果も期待できます。

産毛がなくなると、肌の透明感が出てきれいに見えるようになります。

例えば顔の産毛がなくなるだけで、顔色がぐんと明るくなり若く見えるようになり、お化粧のノリも良くなります。

毛穴が気になる人も、毛穴が小さくなり目立ちにくくなるというメリットも。

鏡を見るたびに毎日実感できるので、お化粧やおしゃれも楽しくなりますね。

背中や指、手の甲などの産毛も、汗や水にぬれると意外と目立つので、産毛がないだけでちょっと自信が持てるでしょう。

たかが産毛ですが、脱毛するメリットは多いにあるんです。

■産毛脱毛では肌ケアを忘れずに

産毛脱毛では、いつも以上に肌のコンディションを整えておくことが大切です。

光の出力が大きくなる可能性があるので、脱毛後の肌をローションや保湿液でしっかりケアをして労わりましょう。

またシミや日焼けがあると、光が肌自体に反応してトラブルを起こす危険があるので、日ごろから紫外線ケアを欠かさないことも大切です。

せっかく産毛脱毛をしても、肌自体が美しくなければ意味がありません。

全身脱毛の場合は、顔だけでなく体も肌の露出を控えて、肌への負担をできるだけ抑えるよう心がけましょう。

■産毛脱毛は焦らずに

産毛が生えやすい場所は顔や背中、肩だけではなく、お腹、お尻、手の甲・指、足の甲・指など、全身に及びます。

すべての産毛脱毛するとなると、それなりに時間もかかります。

脱毛プランの期限を過ぎてしまうこともあるかもしれませんが、その時は部分脱毛やワンショット脱毛などを追加する方法もあります。

産毛脱毛はとにかく焦らないことが、成功のカギ。

気長にかまえて、ゆっくり進めて行きましょう。

ページの先頭へ戻る