ブス肌まっしぐら。今すぐ止めるべき自己処理の恐ろしい悪影響7つ

ムダ毛処理が甘いと友達や彼から引かれてしまうのではないかと心配ですよね?だからこそ一生懸命に自己処理をしてきれいな素肌をたもとうとするもの。
でもその自己処理があなたのお肌を汚くさせている原因だということを知っていますか?
今回は今すぐにやめるべき自己処理について勉強していきましょう。

○おブス肌へまっしぐら。自己処理の悪影響7つ
一見簡単でらくそうな自己処理。しかし、長い目で見るとさまざまな悪影響が。
代表的な7つの症状を見ていきましょう。
自分にも当てはまることがないか想像してみてください。

1・色素沈着(黒ずみ)・瘢痕(はんこん)
長年のシェービングや、繰り返される抜く自己処理によって起きる黒ずみのこと。
自己処理で傷ついてしまった肌が防衛本能を発揮して、
肌を厚く強くしようと角質化し、メラノサイトがメラニン色素を出すことによって、毛穴やお肌自体が薄茶色に色づいていきます。
また、傷ついた皮膚が再生して新しい皮膚になるとき、傷跡が残ってしまう状態のことを瘢痕(はんこん)といいます。

2・埋もれ毛(埋没毛)
皮膚の内側で発毛・育ってしまった毛のことを、埋もれ毛もしくは埋没毛(まいぼつもう)といいます。
剃る・抜く・溶かすなどの自己処理のせいで肌が傷ついたり、毛先がとがることで起こります。
お肌の新陳代謝である、ターンオーバーで自然に排出されることもありますが、
排出されるまでの間お肌がボツボツと鳥肌のようになってしまいます。
埋もれ毛が自然に排出されなかった場合は、色素沈着を起こしてしまったり、炎症を起こして毛嚢炎(もうのうえん)になってしまう事もあります。

3・毛嚢炎(もうのうえん)
毛穴の奥でブドウ球菌や緑膿菌に感染して起こる病気のことを毛嚢炎(もうのうえん)といいます。
ニキビのような赤いブツブツが症状としてあらわれます。
カミソリでお肌を傷つけてしまったり、新しい毛が皮膚の下で育ってしまったりする(埋没毛)ことが原因で毛嚢炎を引き起こします。

4・乾燥
カミソリで自己処理をすると、肌表面の角質層にあるセラミドも一緒に削り取られます。
そのため、保湿機能が奪われてしまい、お肌が乾燥した状態になってしまいます。
乾燥は美肌の大敵です。シミ・しわ・たるみなど、あらゆる肌トラブルの原因の一つになります。
アトピーや敏感肌をよけいに悪化させてしまう可能性もあるので、注意しなければなりません。

5・カミソリ負け
カミソリで毛を剃った後に、お肌の表面が赤くヒリヒリとした状態になってしまう症状のこと。
長いときには1週間以上その状態が続いてしまう場合もあります。
剃る前の毛を十分に柔らかくせずに剃ったり、切れ味の悪くなったカミソリで剃ったりすることで引き起こされます。
剃った後にしっかりとした保湿をしなかった場合も、起こる可能性があります。

6・皮膚が厚くなる
何度も何度も剃る自己処理をしていると、お肌が自らを守ろうとして皮膚が厚くなっていきます。
皮膚が厚いと毛がお肌から突き出ることができず、埋もれ毛の原因にもつながってしまいます。

7・たるみ
眉毛を毛抜きで抜くと、まぶたのたるみの原因になると言われています。
医学的根拠はありませんが、毛を抜く時の皮膚を引っ張る刺激が原因でたるんでいくと考えらています。
目の周りの皮膚は薄いため、できるだけ刺激を避けたほうが無難です。

○肌に負担をかけない自己処理方法とは?
自己処理によって引き起こされるさまざまな症状を紹介してきましたが、お肌に負担のない自己処理はないのでしょうか?
お肌にいちばん負担の少ない自己処理の方法は、ズバリ電動シェーバーで剃る方法です。
特に顔用のI字型になっているものがおすすめ。
値段も手ごろで、2,000円も出せば十分よいものが買えます。
I字型の電動シェーバーは剃る刃が小さいため、一気にムダ毛を処理するのは大変です。
でも、刃が小さいからこそ小回りが利いて、肌を傷つけずにムダ毛を処理することができます。
脱毛サロンでも「施術前の自己処理は顔用電気シェーバーでお願いします」と、指定されることがあるくらい肌トラブルのリスクが低いです。

ただし、自己処理は自分で見える範囲・自分の手の届く範囲に限界があります。
VIOやうなじは自分で確認がしづらく、背中は手が届かないため、どうしても処理が甘くなってしまいます。
彼や友達にいつ・どんな場所を見られてもよいようにするには、やっぱり脱毛サロン・医療脱毛での脱毛がいちばんです。
まとまったお金がなくてなかなか脱毛をはじめられないという人は、まずは初期費用が少なくて済む月額制の脱毛サロンで、脱毛がどんなものか体験してみるのもおすすめ。
施術が終わって数日後に毛がスルッと抜け落ちた後の、つるつるのお肌はくせになります。

ページの先頭へ戻る