3か月の間隔には理由がある。光脱毛の仕組みと毛周期

脱毛サロンってどうして毎月通えないんだろう、もしかしてお店が混んでるから予約できないようにしているのかな?
それとも、いろいろ売りつける勧誘をしたいから何度も通わせるのかな?
なんて不思議に思ったことはありませんか?
安心してください。実は3か月に1回のペースで通うのにはきちんとしたワケがあるんです。

・光脱毛の仕組みと毛周期の関係
光脱毛は毛周期の「成長期」に入っている毛だけに作用するため、約2〜3か月に1回の施術が必要になります。

はじめに「毛周期」とは何かというと、体毛が生え変わるサイクルのことで、
成長期・退行期・休止期と呼ばれる期間を約3か月かけて繰り返しています。
成長期は毛が伸びて育っていく期間のことで、成長しきると次第に退行期に入ります。
退行期に入ると毛は次第に老いて行き、やがて自然に抜け落ちます。
毛が抜けてからしばらくは休止期に入り、次の成長期にむけてお休みをするため毛は生えてきません。

次に「光脱毛の仕組み」はどうなっているのかというと、
光のエネルギーを使って毛の中に含まれているメラニンに働きかけ、制毛していくという仕組みです。
光は黒い色に反応するため、必然的に毛が一番太くて濃い成長期の毛に作用することになります。

じゃあ、今生えている毛に光を当てれば全部毛が抜けて脱毛完了だよね?
やっぱり何回も通わせるのはおかしいじゃん!と思ったかもしれません。

実は、いま目に見えて生えている毛は、本来生える毛全体の3分の1程度しかないということを知っていますか?
眉毛・まつ毛…約2か月で生え変わる
ワキ毛…約4か月で生え変わる
ビキニライン…約4か月で生え変わる
腕・脚…3〜5か月で生え変わる
このように、体毛はパーツごとに独自の毛周期をもって日々生まれ変わっています。
つまり、今は見えていないだけでもっとたくさんの毛が眠っているということになります。

光脱毛は「成長期」の毛にしか作用せず、毛は場所によって休止期に入っている毛の比率や期間、成長期の期間などが異なります。
だから、今は見えてない毛が育ってくるタイミングに合わせて平均して約2〜3か月に1度の施術が必要になるのです。

早くツルツルにしたい!と焦る気持ちはわかりますが、
むやみやたらに施術をしても、費用ばかりかかって効果が出ないだけでなく、
お肌に過剰な負荷をかけてしまうことにもなってしまいます。

<場所別毛周期図>
部位  休止期毛 成長期毛 休止期期間 成長期期間
頭皮    9~14%  85%~90%  3~4か月  2~6年
鼻下    35%   65%    6週     2~4週間
あご    30%   70%    10週    2~4週間
ワキ    70%   30%    12週    3~5か月
うで    80%   20%    18週    3~4か月
VIO     70%   30%    12週    1~2年
足・膝下  80%   20%    24週    4~5か月
胸     70%   30%   ---    ---
【成長初期】…毛乳頭から毛の元となる毛母細胞に指示が出て、毛母細胞が分裂をはじめて毛が成長していく(脱毛効果あり)
【成長期】…毛が皮膚の表面に出て、毛乳頭から栄養を吸って太く成長する(脱毛効果あり)
【退行期】…毛母細胞の分裂が止まって毛が抜け落ちる準備段階。
【休止期】…毛が毛乳頭から離れて抜け落ちる。次の毛を作る準備期間。

・サロン脱毛は基本的にどこも同じ
毛周期が脱毛には密接に関係してくることが分かったところで、
次にどこの脱毛サロンを選ぼうかなといろいろサロンを見て回っていると、
「光脱毛」「フラッシュ脱毛」「美容脱毛」「IPL脱毛」「SSC脱毛」というような言葉をよく目にしますよね?
一体どこが違って何がいいのかわからずに悩んでしまいませんか?
実は「フラッシュ脱毛」「美容脱毛」「IPL脱毛」「SSC脱毛」などは全て「光脱毛」と同じ意味で使われているのです。
フラッシュ脱毛や美容脱毛はただ呼び方が違うだけで、
IP脱毛とSSC脱毛はジェルの使い方に違いはあるものの光の力を借りて脱毛するという意味では同じです。

図:
光脱毛・フラッシュ脱毛・美容脱毛など →IPL脱毛
                     →SSC脱毛

・違いは光とジェルの使い方
IPL脱毛とSSC脱毛では施術をする時の光の種類とジェルの使い方が違います。

SSC脱毛とはSmooth Skin Control方式(スムーススキンコントロール方式)の略称で、
施術時にお肌へ専用のビーンズジェルを塗布するのが特徴です。
その上からクリプトンライトという光を当てると、ジェル中のビーンズの中から有効成分が溶け出し、
それが毛穴に浸透して制毛を促すという仕組みです。
ビーンズジェル中にフィリニーブという制毛成分が含まれているため、
フィリニーブジェル脱毛などとも呼ばれることもあります。

IPL脱毛とはIntense Pulsed Light(インテンスパルスライト)の略称で、
インテンスパルスライトという光のエネルギーがムダ毛のメラニン色素に反応して直接作用する脱毛方法のことです。
照射の時の熱を和らげるために各サロンが独自の冷却ジェルを使用しています。

ページの先頭へ戻る