VIO脱毛で感じてしまったり、濡れるのではないかと心配

VIO脱毛は少なからず刺激になりますから、感じてしまうのではないかと心配になる気
持ちもわかります。ですが実際は、VIOゾーンの脱毛は他の部分よりも痛みを強く感じ
るため、そんな心配をしている余裕はないかと思います。

<デリケートゾーンの脱毛はズバリ痛い>
恥ずかしい部分をスタッフに見られることよりも、感じて濡れてしまうかもという心配
をする人も少なくないかと思います。確かに、デリケートゾーンは体の他の部分よりも
敏感ではあります。ですが敏感な部分だということは、痛みにも敏感だということです。

VIOゾーンの脱毛は、痛みを感じる人がほとんどです。痛みを例えて言うならゴムでパ
チンと弾かれたような感じですから、パチンパチンと断続的に痛みが続くことで、濡れ
てしまうかもという心配よりも痛みの方に気持ちが向くでしょう。

<刺激で濡れることはある?>
心配よりも痛みの方が勝ってしまうVIO脱毛ですが、実際に施術の刺激によって濡れ
てしまうことは少なからずあります。でもこれは感じて濡れるというよりも、生理現象
ですから仕方ありません。
スタッフは生理現象だとわかっていますので全く気にしませんが、人によって濡れやす
いなどがあるのも事実です。

<濡れても意外に気づかれない>
もしご自身が濡れやすい体質ならば、いっそのことスタッフに前もって言っておくと自
分の気持ちが楽になるかもしれませんね。カミングアウトしたことによって、気にして
いるんだなとスタッフもわかりますので、より気にしないように心がけてくれるかもし
れません。
また施術するときにジェルを塗るサロンも多くありますし、スタッフは脱毛マシンの光
から目を守るサングラスを着用していますから、濡れていても気づかれないことが多い
です。たとえ濡れたからといってスタッフは何とも思いませんから、安心して施術を受
けてくださいね。

<おりものが出た時はどうする?>
女性ホルモンのバランスでおりものが多い日があるなど、日によっておりものの量も変
わってきます。一般的におりものは排卵期と生理前に多くなりますので、気になるなら
ばこの日を避けて施術するのも良いかもしれません。
施術前はデリケートゾーンを清潔にしておくことが大切です。洗ってきれいにしていく
のが一番ですが、なかなか難しいですよね。
そんな時はトイレのウォシュレットできれいにするのもひとつの手ですが、オススメな
のは赤ちゃん用のおしりふきです。おしりふきなら隅々拭くことが出来ますから、ウォ
シュレットよりもきれいになります。おりものが気になる時は、特におしりふきが役に
立ちます。
おしりふきは持ち運びに便利な携帯用のものなど、種類もあります。選ぶときはトイレ
に流せるタイプのものを選ぶと、使ったあとはそのままトイレに流せば良いだけなので
とても楽ですね。

VIO脱毛で濡れてしまう人がいるのも事実です。でもこれは感じているからではなくて、
あくまでも生理現象なので気にすることはありません。実際には痛くて、おりもので濡
れているかどうかもわからないことがほとんどです。スタッフも気づかないことが多い
ですから、ご自身が気にしないことが一番ですね。

ページの先頭へ戻る