Iラインの脱毛は粘膜のところも打ってもらえる?

デリケートゾーンの周りであるIライン部分の中でも、特に粘膜部分はサロンによって
施術出来るかどうか異なりますので、きちんと確認してから脱毛を始めましょう。


デリケートゾーンの左右両脇部分がIラインだと思われがちですが、実際にはデリケー
トゾーンの上下部分もIラインに含まれます。わかりやすく言うと、上は割れ目が見え
る辺り、下はOラインと言われるお尻の穴周辺よりも手前の部分です。ですからデリ
ケートゾーンの周りはすべてIラインということになります。
ただ、自分が粘膜だと思っていても実は違ったり、粘膜じゃないと思ってもサロンによ
って基準が違ってきますので、出来ない場合もあります。


Iラインを脱毛する時は恥ずかしさなど、Vラインよりもちょっと勇気が必要ですが、I
ライン脱毛には、デリケートゾーンの悩みを解消できるというメリットもあるんです。

・ショーツや水着から毛がはみ出る心配がない
Vラインから毛がはみ出ないように気をつけていても、Iラインもきちんとお手入れし
ていないとショーツや水着の両脇からニョロっと毛が出てしまいます。Iラインを脱毛
すればそんな心配もなくなりますので、恥ずかしい思いをせずに済みますね。

・毛によってムレていた部分の通気性が良くなる
デリケートゾーンがムレることによって、嫌なニオイやかぶれのもととなってしまいま
す。Iラインに毛が無くなることによって、通気性が良くなってニオイなどの悩みも解
消されます。下着が直接肌に触れるようになるので、摩擦などでかゆみが出る場合があ
りますが、毛に覆われていた時よりは断然衛生的です。

・デリケートゾーンのケアに気を使うようになる
普段なかなか自分で見る機会のないデリケートゾーンですが、脱毛をするということは
自分のデリケートゾーンをまじまじと見る機会が出来るということです。見ることによ
ってデリケートゾーンの状態を気にするようになりますから、顔などのお肌と同じよう
なケアを心がけるようになります。


Iラインに毛があると、ショーツから毛がはみ出しやすく、見た目にも良くありません
よね。だからといって自己処理で剃ってしまうのも、チクチクしたかゆみや黒ずみのも
とである色素沈着の原因にもなってしまいます。
脱毛する時にもIラインは一度剃ることになりますが、脱毛するにつれ毛が生える頻度
も毛の量も少なくなり、最終的には生えなくなりますので、自己処理よりも断然かゆみ
などの肌トラブルに悩むことは少なくなります。

ただ、Iラインを全部脱毛するということは、裸になった時に大事な部分が見えている
状態になります。Iライン脱毛にはメリットがたくさんありますが、友達や家族と温泉
などに行く機会があった時には、ちょっと恥ずかしいかもしれませんね。脱毛してしま
ってから後悔しないように、ご自身できちんと形を考えてから脱毛しましょう。


Vラインも全部脱毛した場合は別ですが、Vラインを残した状態でIラインを全部脱毛
してしまうと、見た目にも不自然さが出てしまいます。デリケートゾーンの両脇やO
ライン手前部分なら、全部脱毛しても見えない部分ですから、いざというとき恥ずかし
いなんてこともありません。
ただ同じIラインでも、割れ目の部分まで脱毛すると、前から見た時にはチラッと大事
なところが見えている状態なので、どうしても不自然になってしまうのです。

Vラインを残してIラインを脱毛する場合は、VラインからIラインにかけて徐々に毛
の量が少なくなるように脱毛すると、仕上がりがとてもナチュラルできれいに見えます。
大事なところが見える心配もありませんので、Iラインをどこまで脱毛するかで悩んで
いるなら、この方法がおすすめです。

Iラインをどこまで脱毛するかは好みなどがありますので、よく考えて脱毛しましょう。
サロンの方の意見を聞くのも良いかもしれませんね!気になる粘膜の部分は、サロンへ
確認してみましょう。

ページの先頭へ戻る