VIO脱毛ってどんな体勢で施術するの?

VIOゾーンを脱毛する時の体勢は、サロンによって異なります。VIO脱毛は他の部分よ
りどうしても恥ずかしさが出てしまう部分なので、どんな体勢で施術するのか気になる
場合は、サロンへ問い合わせてみましょう。

<スタッフはVIOを見ることに抵抗はないの?>
VIO脱毛は自分の大事な部分を見られるのですから、恥ずかしさがあって当然です。そ
して恥ずかしさと同時に気になるのが、“スタッフはどう思っているか”ということで
す。
「毛が多い」とか「形が変だ」と心の中で思われているんじゃないかなど、心配になっ
て抵抗を感じてしまう人もいると思います。スタッフに自分の大事な部分をじっくりと
見られながら脱毛するわけですから、そんなことが頭をよぎっても仕方ありませんね。

ですがスタッフはそれが仕事ですから、全くそんな気持ちはありません。今までいろん
な人の大事な部分を見てきていますから抵抗はないですし、むしろあなたが初めてVIO
脱毛をするなら、なるべく恥ずかしさもなくリラックス出来るような雰囲気を作ってく
れるはずです。ですから恥ずかしさや不安があっても大丈夫です。きっとスタッフが緊
張を和らげてくれますよ。


施術をする時、多くのサロンでは上半身は服を着たまま、もしくはサロンのガウンなど
に着替えて施術します。下着はサロンにある専用の紙ショーツを履きますが、脱毛する
範囲やサロンによっては何もつけない場合もあります。その場合はタオルなどを巻いて、
めくりながら施術することが多いです。紙ショーツの形はTバックが一般的なので、T
バックを履いたことがない人は、慣れるまで違和感があるかもしれませんね。


Vラインの脱毛は仰向けの体勢で、紙ショーツを少しずつずらしながら施術していきま
す。ただし、Vラインの脱毛範囲によっては仰向けの状態で、片脚をくの字に曲げた体
勢をとる場合もあります。


Oラインと同じように恥ずかしさが出てしまうIラインですが、仰向けになって片脚を
くの字に曲げて開いた体勢で施術します。わかりやすく言うと、M字開脚を片方だけや
るような体勢ですね。場合によっては開いた脚を倒して施術することもあります。紙シ
ョーツをずらしながら脱毛していきますが、サロンによっては施術しやすいように紙シ
ョーツを前後逆に履く場合もあります。


Oラインの脱毛はうつ伏せの体勢で、紙ショーツをずらしてお尻のお肉を引っ張りなが
ら施術します。そのため、サロンによっては一人がお尻のお肉を引っ張り、一人が照射
するという2人体制の場合があります。また、うつ伏せ以外に横向きや四つん這いの体
勢で施術するサロンもありますが、これはお尻を広げないとOライン部分の脱毛が出
来ないためです。四つん這いの体勢がどうしても恥ずかしい場合は、うつ伏せでとお願
いしてみるのも良いでしょう。

<恥ずかしいと感じる余裕はないかも?>
最初は誰でも恥ずかしさがあるVIO脱毛ですが、何度か通ううちに慣れてきて、その
うち恥ずかしさもなくなります。また、体のどの部分よりもデリケートな場所ですから、
脱毛の際は他の部分よりも痛みが伴います。痛みの方が気になってしまって、恥ずかし
いと感じる余裕はないかもしれませんね。

脱毛時の体勢などは、あくまで一般的なサロンでの方法になりますので、体勢など気に
なることがある場合は、まずサロンへ聞いてみましょう。不安や心配を減らすことは、
恥ずかしさをなくすことにも繋がりますよ。

ページの先頭へ戻る