日焼けしてるんだけど脱毛できますか?

脱毛サロンへ行く前に日焼けしてしまったら、残念ですが予約を延期した方が良いでしょう。ただし軽いものなら大丈夫な場合もあるので、サロンへ確認を取ってみたほうが良いかもしれません。

どうして日焼けした後に脱毛するのはダメなの?

日焼け後の脱毛がNGなのには、大きく分けて2つの理由があります。

赤くなる日焼けは軽いやけどと同じだから

日焼けには赤くなる“サンバーン”と黒くなる“サンタン”の2種類がありますが、赤くなる“サンバーン”は皮膚がやけどした状態と同じ。
軽いものなら赤くヒリヒリするくらいで済みますが、水ぶくれが出来た時はやけど同様、皮膚科を受診しなければなりません。

色白の人やお肌が弱い敏感肌の人は紫外線によるダメージを受けやすく、長時間紫外線を浴びると黒くならずに赤くなることが多いです。
赤くなってしまった時はお肌が炎症を起こしているので、脱毛よりもまずお肌のケアを第一にしましょう。
お肌を冷やした後に、肌への負担がより少ないものを選んでまず保湿。お肌は刺激に対して過敏になっています。
赤くなった時の脱毛は通常のお肌に戻るまではやめましょう。

脱毛マシンの光は色の濃いものに反応するから

黒くなるくらいなら、お肌のダメージも少ないし脱毛しても大丈夫じゃない?なんて思うかもしれませんが、黒くなる日焼けをした後も脱毛はNGです。
それは、お肌が黒くなるメカニズムに答えが。黒く日焼けしたということは、メラニン色素が大量に分泌されている状態になっています。
このメラニン色素がお肌を黒くしている正体で、毛が黒くなるのもメラニン色素の働きによるものです。

脱毛マシンの光やレーザーは色の濃いものに反応するため、通常の肌状態で脱毛するときは黒い毛に反応して効果を発揮します。
これが黒く日焼けした肌だと黒い毛はもちろん、黒いお肌にも反応してしまうため、効果が出にくかったり、最悪光の過剰反応でやけどしてしまうことも。
黒く日焼けしたときも脱毛は控えたほうが良いでしょう。
ちなみに、脱毛するときにホクロのある部分を避けなければならないのは、黒い日焼けと同じ原理だからです。

お肌の代謝を上げて次の脱毛に備えよう!

日焼けをしてしまったものは仕方ないので、脱毛間隔は空いてしまいますが、次の予約までにお肌の状態を元に戻す努力をしましょう!
赤い日焼け、黒い日焼けのどちらでも、お肌の代謝力を上げることが第一。たかが脱毛、されど脱毛です!スケジュール通りにいかなければ、せっかくの脱毛効果が減ってしまうことにもなりかねません。
定期的に脱毛サロンへ通うなら、紫外線対策と日焼けスケジュールもきちんと考えて。

脱毛した後の日焼けもNG

日焼けした後がダメなら、脱毛した後に日焼けするなら大丈夫かと思いきや、実はこれもダメ。脱毛した後は、お肌が敏感になっています。その状態で紫外線に当たると、お肌が炎症を起こしてしまうこともあるので、きちんと紫外線予防することが大切です。

日焼けをしてしまった場合は、サロンの判断にもよりますが、次の脱毛まで2〜3か月空けなければならないこともあります。せっかくの脱毛スケジュールが崩れてしまいますので、脱毛サロンへ通っている間は、日焼けをしないように紫外線対策にも気を使わなければなりません。ムダ毛のないツルツル肌になりたいなら、日ごろのスキンケアも意識しましょう!

ページの先頭へ戻る