脱毛で埋没毛は治る?

長い間ムダ毛を自己処理していると、気が付いたら埋没毛(埋もれ毛)になってしまっていて、繰り返してしまう・・・と悩まされる人も多いはず。サロンで脱毛すると、そんな埋没毛にも効果が期待できます!!

埋没毛の原因

埋没毛はその名の通り、生えてくるはずの毛が皮膚の下に埋もれてしまって、表面に出てこられない毛のこと。埋没毛になってしまう原因は、大まかに言うと間違った自己処理が原因です。

カミソリは大事な角質も剃ってしまう!

自己処理の方法で一番多いカミソリでのムダ毛処理は、とっても手軽ですがお肌を痛めてしまいます。特にお風呂に入った時にお手入れすることが多いかと思いますが、皮膚は温まることによって角質がはがれやすく、カミソリで剃ることで本来必要な角質も簡単にそぎ落としてしまっています。

お風呂上がりにカミソリで剃った部分がカサカサしていたり、赤くなったりしてかゆみが出るのは必要な角質まではがされている証拠。いわゆる“カミソリ負け”の症状です。
この状態がお肌の炎症を引き起こしたり、埋没毛になる原因と言われています。
また、カミソリで剃った毛の先端は角ばっているので、埋没毛になりやすくなっています。

毛抜き・脱毛テープなどは毛穴が炎症を起こしやすい

カミソリでのお手入れよりも毛が目立たないからという理由で、毛抜きでのムダ毛処理をする人も多いかと思います。抜いた後は一見きれいに見えますが、毛を無理やり抜くことで毛穴の周りの皮膚も一緒にはがれて盛り上がったようになってしまったり、時には出血したりして、炎症や埋没毛の原因になっています。毛抜きで抜くときに途中で毛が切れて抜けてしまったりして、そのまま埋没毛になることも。

脱毛テープや脱毛ワックスも同じで、毛を無理やり抜くためダメージを受けて埋没毛の原因となってしまいます。毛抜きとは違って、毛穴の部分だけではなくお肌全体に
影響があるため、毛抜きでのお手入れよりも埋没毛になりやすくなっています。

脱毛クリームや脱色は大丈夫?

カミソリや毛抜きなどよりもダメージが少なそうな脱毛クリームや脱色ですが、お肌へのダメージを一番受けやすいお手入れ方法かもしれません。
それは、脱毛クリームや脱色剤はそもそも薬品だから。毛を溶かす脱毛クリーム、毛の色素を抜く脱色剤は、たんぱく質を溶かすアルカリ性の薬剤。そのため、ほんのわずかですが皮膚もムダ毛と一緒に溶かしているんです!!ちょっと想像すると恐ろしいですね!

埋没毛を無理やり抜く・放置するのはNG

埋没毛になると、黒いブツブツがあるみたいで見た目も良くないですよね。しかも埋没毛は、本来生えるはずがない方向に毛が伸びていくので、皮膚や毛穴が炎症を起こしてかゆみが出たりします。
そうなると無理やりにでも抜いてしまいたくなりますが、無理やり抜くことで皮膚を傷つけてしまうことも。
じゃあ放置しておけば良いのかな?というとそれも良くありません。
埋没毛はいずれ分解されてなくなりますが、そのせいで色素沈着を起こすことがあります。ですので、無理やり抜くことも放置することもあまり良くありません。そこで出てくる改善策が、サロン脱毛です。

どうしてサロン脱毛に効果があるの?

サロン脱毛でなぜ埋没毛が改善するのかというと、脱毛マシンの光に答えがあります。一つは脱毛マシンの光は黒など色の濃いものに反応するため。そしてもう一つは、脱毛マシンの光が皮膚の奥に潜んでいる毛にも届いて、脱毛してくれるからです。

ただ通常の毛よりも抜けるまでには日数がかかりますので、根気が必要です!埋没毛はお肌のターンオーバーによって抜け落ちるため、早くても1か月ほどの時間がかかります。
待ち切れずに毛抜きで抜いてしまうと、自己処理と同じで埋没毛が再発する原因となってしまいます!気長に根気よく我慢すれば、サロン脱毛によって埋没毛が治っていきますよ!!

埋没毛にさせないためにケアしよう!!

日ごろから埋没毛にさせないためのケアも大切です。古い角質がお肌にある状態だと、新陳代謝も悪くターンオーバーにも時間がかかります。ピーリング効果のある、スクラブ入りのスキンケア化粧品などを使うと、古い角質を落としてくれるので埋没毛の予防にもなります。
ただし、敏感肌の方は普通の人よりもお肌の刺激を受けやすいので、注意しながらケアしましょう。古い角質を落とすなら“あかすり”もありますが、余分に角質を落としてしまうこともあるのでやり過ぎには注意です!

皮膚がダメージを受けると全般的に埋没毛になりやすいので、脱毛は自己処理よりも安全・安心なサロン脱毛がおすすめ!埋没毛に悩むならサロン脱毛が効果的です!!

ページの先頭へ戻る