ニキビやニキビ跡があるけど脱毛できる?

顔や背中にニキビやニキビ跡があると、状態によっては施術を受けられない場合があり
ます。心配な時は、サロンへ相談してみましょう。

<ニキビがある場合の脱毛は?>
ニキビが出来ているところを脱毛するのは難しいです。数個程度ならテープで保護して
から、ニキビのある部分を避けて施術することになります。テープで保護しきれないほ
どニキビが小さく細かい場合、また多くある場合は出来ないと考えた方が良いでしょう。
ニキビを治してからの施術になります。

<ニキビ跡が目立つ、広範囲ならNG>
ニキビは無くてもニキビ跡として残っている場合は、ニキビ跡の色と色の濃さによって
は施術出来る場合があります。
色が赤黒く、ニキビ跡が目立つくらいの場合は、その部分の施術は難しいかと思います。
この場合はニキビのある時と同様に、保護テープでニキビ跡を覆ってからその部分を避
けて施術することになります。
ニキビ跡が顔や背中全体に広がっている場合は、テープでも保護しきれないため施術す
ることは出来ません。

<薄いニキビ跡には脱毛が効果的?>
ニキビ跡の色が薄赤っぽくあまり目立たない、薄いシミ程度のニキビ跡なら、脱毛する
ことによって跡が薄くなる効果が期待できますので、むしろ脱毛することをおすすめし
ます!なぜかというと、脱毛マシンの光が“フォトフェイシャル”と似た働きをしてく
れるからなんです。

“フォトフェイシャル”は光を当てることによって皮膚の細胞を活性化して、ターンオ
ーバーを促進させる働きがあります。この働きが脱毛マシンの光にもあって、“フォト
フェイシャル”と同様にターンオーバーを促進してくれるので、ニキビ跡の元である色
素細胞を早くお肌の表面に排出してくれます。そのため何度か繰り返していると、どん
どんお肌は生まれ変わるので、ニキビ跡も少しずつ薄くなっていくというわけです。

<ニキビ・ニキビ跡を避けるのはどうして?>
ニキビが出来ているということは、お肌がトラブルを起こしているということになりま
す。日焼けなどもそうですが、脱毛はあくまでもお肌が健康で、良いコンディションで
あるからこそ安全に出来るものです。
脱毛マシンの光は確かにターンオーバーを促してくれますが、ニキビなど炎症を起こし
ている時には逆にお肌へダメージを与えてしまう可能性があります。

またニキビ跡が出来るのは色素沈着を起こしていることが多くの原因です。脱毛マシン
の光は色の濃いものにより反応するため、ムダ毛だけじゃなくニキビ跡へも光が照射さ
れて、お肌がダメージを受けてしまいます。そのため、ニキビやニキビ跡への施術は難
しいとされています。

<脱毛でニキビ肌改善?>
ニキビがある部分は出来ないですが、ニキビの無い箇所には問題なく施術が出来ます。
実は、脱毛するとニキビの出来にくい肌になるという事実があるんです!
ニキビが出来るのは、毛穴に皮脂や汚れが詰まるのも原因のひとつです。顔や背中には
産毛が生えていますが、この産毛によって皮脂や汚れがくっつきやすくなっています。
産毛を脱毛することでニキビの原因を作りにくくするため、結果的にニキビが出来にく
くなるという効果が期待できます。

<ケアしにくい背中も脱毛で悩み解消>
意外にニキビやニキビ跡で悩むことが多いのが背中。自分では見えませんし、なかなか
ケアが難しい場所ですよね。背中にニキビが出来るのは、シャンプーやボディーソープ
が流し切れていなかったり、普段下着や洋服で覆われているなど、ニキビが出来やすい
環境であるのが原因です。
背中の産毛が気になっていても自分で処理することは出来ないので、そんな時はサロン
脱毛がおすすめです。産毛をなくすことでニキビの原因ともサヨナラ出来ますよ!

<ニキビを作らせないためには>
ニキビは皮脂や汚れが詰まること以外にも、無意識に触って刺激になっていたり、寝不
足や生活習慣の乱れでも出来てしまいます。施術プランの途中でニキビが出来てしまう
と、脱毛するサイクルが狂ってしまうので、ニキビを作らせない生活スタイルを心がけ
ることも大切です。
また、お肌の水分量が足りないのもニキビが出来てしまう原因になるので、普段からし
っかりと保湿スキンケアをしましょう!

ニキビが出来た時などいずれの場合も、自己判断は禁物です。まずはサロンへ相談して
みてくださいね。

ページの先頭へ戻る