脱毛でシミができるって本当?

脱毛後のトラブルとして、「脱毛したらシミが増えた」ということがあります。そんなことを聞いてしまったら脱毛が怖い!なんて思ってしまいそうですが、実際のところは誤解です。本当にシミになる場合には脱毛以外の理由が考えられます。

脱毛前に知っておこう!シミのメカニズム

シミの原因には加齢や生活リズムの崩れなどが関係していますが、良く知られているのは紫外線によって出来るシミ。シミにはお肌のメラニン色素が深く関係しています。
紫外線を浴びると、色素形成細胞と呼ばれるメラノサイトが刺激を受けて、メラニン色素を作りだします。

メラニン色素がお肌のターンオーバーで排出されることによってお肌は守られていますが、極度に紫外線を浴びたりしてメラニン色素が過剰に作られると、不必要なメラニンがターンオーバーで排出されずにお肌に残ってしまいます。
これがシミの元となる原因。お肌の奥に残ったメラニンが原因で色素が沈着する現象がシミのメカニズムなのです。

どうして脱毛の光でシミが出来る?

脱毛マシンの光は、最近注目されているスキンケア、“フォトフェイシャル”とほとんど同じ原理で、細胞を活性化させ、お肌のターンオーバーを促してくれる役割があります。
光を浴びるとお肌の奥にあるメラニンが、ターンオーバーによってシミとなって出てきます。これが脱毛後のシミの原因なんです!

ですから「脱毛後にシミが出来た」というのは脱毛が原因ではなくて、もともと自分のお肌の奥に持っていたメラニンが、脱毛の光によるターンオーバーで表面へ出てきたもの。いずれ出てくるシミが、ちょっと早めに出てきたというわけなのです!

とは言っても、シミなんてやっぱりイヤなものですよね。

でも大丈夫。お肌の状態や代謝力にもよりますが、脱毛によって出てきたシミは、お肌のターンオーバーによって自然に少しずつ薄くなってきます。脱毛の光には、脱毛だけじゃなくお肌を活性化してくれる役割もあるんですね!

シミを作らせないためには、日焼け対策はもちろん、保湿対策も心がけて。施術後のケアも大切ですが、普段からしっかり保湿をすることがシミを作らせないコツです。また、生活習慣やストレスなどもシミの原因と関係があるので、普段から規則正しい生活を送ることもシミ予防になります!

シミがあっても脱毛できる?

もともと顔や体にシミがある場合は、シミの度合いにもよりますが、シミのある場所を避けて脱毛することが多いです。具体的には、シミのある部分に保護テープを貼ってから施術します。ホクロがある場合も同じです。
それは脱毛マシンの光が色の濃いものに反応するからで、ムダ毛だけではなくシミにも反応してしまうと、やけどなどの肌トラブルの原因になってしまいます。

保護さえすれば施術出来るかというとそうではありません。
シミがたくさんあるとその分保護しなくてはならないため、限界があります。
シミの量によっては施術出来ない場合もありますので、まずはサロンへ相談してみたほうが良いでしょう。

脱毛後のシミを心配するなら、普段から保湿や栄養などの対策をしておきましょう!そうすれば安心して脱毛の施術を受けられますね!!

ページの先頭へ戻る