タトゥー(刺青)、アートメイクがあるけど脱毛はできますか?

今やファッションの一部として気軽に出来るようになったタトゥーや、“永久メイク”
として眉毛などにするアートメイクですが、残念ながらタトゥーやアートメイクがある
箇所の脱毛は出来ません。

<タトゥーに脱毛するのは危険!>
脱毛マシンの光は、ムダ毛など色の濃い色素に反応します。そのため、タトゥーがある
箇所へ脱毛マシンの光を当てることは、タトゥー自体にも反応してしまうため、ムダ毛
を処理するだけではなく、やけどなどお肌へダメージを与えてしまう可能性があります。
ダメージを受けてしまっては、かさぶたなどでせっかくのタトゥーが薄くなってしまっ
たり、タトゥーの濃さによっては消えてしまうこともあります。
タトゥーのある箇所を脱毛するときは、脱毛マシンの光が当たらないようテープで保護
して、その周辺を脱毛することになります。

<アートメイクはどうして出来ないの?>
アートメイクはタトゥーとは違うから大丈夫、と思っている人も少なくないかと思いま
すが、実はどちらも似たようなものです。
違いはというと、タトゥーは皮膚の表皮の下にある真皮というところへ直接色素を注入
するのに対し、アートメイクは表皮へ色素を注入するというのが大きな違いです。
ですからアートメイクをしている箇所を脱毛することは、タトゥーと同様にNGです。
タトゥーやアートメイクのほか、シミやホクロ、あざの部分に施術が出来ないのも、脱
毛マシンの光が濃い色素に反応することが理由のひとつです。

<両方やりたいなら脱毛後に!>
これから脱毛もタトゥーもしたいと思っているなら、タトゥーは脱毛した後に入れるの
が良いでしょう。ただ脱毛が完了するまでには個人差があって、長い期間かかる人もい
ます。脱毛した後のツルツル肌ならタトゥーも映えますので、両方やりたいなら気長に
我慢することも大事です。

<肝斑は脱毛出来る?>
タトゥーやアートメイク、ホクロなど、濃い色素を持つ部分に脱毛マシンの光を当てる
ことは出来ませんが、うっすらと色の薄い程度のシミなら逆にシミを薄くしてくれると
いうメリットが実はあるんです。
これは脱毛マシンの光に、お肌のくすみ解消やターンオーバーを促進させてくれる“フ
ォトフェイシャル”と同じような働きがあるからで、脱毛とシミの悩みが同時に改善で
きるという、なんとも嬉しい効果を発揮してくれます。

ただし、そのシミが肝斑だった場合は要注意です。肝斑もシミの一種ではありますが、
普通のシミとは違って脱毛マシンの光によって肝斑が濃くなってしまうなど、悪化させ
てしまう恐れがあります。
シミか肝斑か素人目には判断がつきにくいですが、目安として肝斑は左右対称に出来ま
す。でもこれだけでは判断出来ないので、シミが気になっているなら脱毛前に皮膚科へ
診断してもらうのが良いでしょう。肝斑は飲み薬で治りますので、肝斑の人が脱毛する
ならまずは肝斑を治してからにしましょう。

脱毛マシンの光は色の濃いものに反応するので、ホクロでもタトゥーでも、施術出来な
い理由は同じです。心配なことはサロンへ相談して、納得してから脱毛しましょう。

ページの先頭へ戻る