帝王切開の傷跡があるけど脱毛できる?

帝王切開して傷口を縫った跡は、周りの皮膚よりも薄くなっていますので、脱毛マシンの光によってダメージを受けたり、肌トラブルの元になってしまうことも。そのため帝王切開の傷跡は避けて施術する場合がほとんどです。

妊娠するとお腹が毛深くなるのはなぜ?

帝王切開した傷跡の部分を脱毛したいと思うのは、お腹やビキニラインの毛が気になっているからですよね。「妊娠したらなぜか毛が濃くなった!」とか、「お腹やおへそ回りに毛が生えてきた!」など妊娠をきっかけにムダ毛に悩む人が実は多いんです!

妊娠するとお腹の毛が濃くなるのは、赤ちゃんを守ろうとするからという説があります。何とも神秘的ですが、出産後はその毛がやっかいなもの。
体毛がお腹だけじゃなく、全体的に濃くなったというママもたくさんいます。

体毛が濃くなる理由は、妊娠をきっかけに女性ホルモンの分泌が多くなるから。
女性ホルモンがたくさん分泌されると、お肌や毛の色を黒くするメラニン色素が増えて、体毛が濃くなってしまうというわけです。
産後は徐々に薄くなることもありますが、一度生えてくるのを経験したら、どうしても気になってしまいますよね。
産後に脱毛を考えているなら、授乳期を過ぎた頃からが良いでしょう。赤ちゃんに授乳しているうちは女性ホルモンの分泌も多く、ホルモンバランスも崩れがちなので肌トラブルが起きやすくなっています。

意外に多い!産後気になるデリケートゾーン

ここ数年でデリケートゾーンの脱毛もメジャーになってきました。
実はデリケートゾーンの毛が、「出産してから気になるようになった」という人も意外に多いんです。
出産する時にはアンダーヘアを短く切ったり、場合によってはデリケートゾーンの周りを剃毛することも多くあります。これが、ママの多くがデリケートゾーンの毛を気にするきっかけ。

ビキニラインの脱毛は定番ですが、VIOと呼ばれるデリケートゾーンの脱毛をしてくれるサロンも増えています。
ちなみにVはデリケートゾーンの前側の部分、Iはデリケートゾーンの周り、Oはおしりの穴の周りのこと。
VIO脱毛は、普段ショーツに覆われて蒸れやすいデリケートゾーンが蒸れにくくなる、雑菌の繁殖を防ぐなどデリケートゾーンの気になるニオイの原因を少なくしてくれるメリットがあるので、デリケートゾーンの悩みの改善にもなります。

妊娠線があっても脱毛できる?

妊娠線は、お腹が大きくなる過程に皮膚が耐えられず、皮膚の組織が断裂してしまった状態。急激に太ったりするとお腹や太ももに線が出来る肉割れも、メカニズムは妊娠線と同じです。線が入っているところは赤紫色になってしまいますが、これは一時的なもので、徐々に白く変化していきます。

脱毛マシンの光は濃い色に反応するので、線が白くなっているなら基本的に脱毛は問題ないでしょう。ただ妊娠線にかゆみを伴う場合があるので、その場合はお肌の状態を考慮して避けた方が良さそうです。

帝王切開の傷跡の大きさや位置などは人それぞれなので、脱毛したい場所によっても施術出来るかどうかは変わってきます。脱毛の際にまずはサロンへ相談してみましょう!

ページの先頭へ戻る