脱毛するとワキガ・すそわきがが治るって本当ですか?

「脱毛するとワキガが治る」という噂を聞いたら、ワキガに悩む人なら誰でも脱毛した
くなりますよね?でも、残念ながら脱毛によってワキガが治るわけではありません。た
だ、ニオイを軽減してくれる可能性はありますから、脱毛しないよりはする方をオスス
メします。

<汗を出す汗腺には2種類ある>
汗が出てくる汗腺は、“エクリン腺”と“アポクリン腺”の2種類に分かれています。
体全体に分布している“エクリン腺”から出る汗は、主に暑さや運動、刺激のある食べ
物を食べたとき、緊張しているときなどに出るもので、生理的なものです。

一方で“アポクリン腺”は、体全体ではなくワキやデリケートゾーンの周り、乳輪など
といった特定の部分にだけ存在している汗腺で、出る汗は異性をひきつけるフェロモン
のような役割をしています。耳の中にも“アポクリン腺”があり、異常に分泌する人は
耳垢が湿っていることが多いです。しかも耳垢が湿っている人のおよそ8割が、ワキガ
体質であると言われています。

<ワキガの原因は“アポクリン腺”の汗>
“エクリン腺”から出る汗の成分は主に水分で、サラサラしていてニオイもほとんどあ
りません。ワキガの原因となるのは“アポクリン腺”から出る汗で、脂質やたんぱく質、
アンモニアなどを含みます。“エクリン腺”の汗とは対照的にドロッとした粘り気のあ
る汗で、雑菌と混ざって繁殖しやすいために、ワキガ独特のニオイを発生します。
ワキガ体質の人は遺伝などもありますが、お肉など動物性脂肪をたくさん摂取する食生
活も大きく関係すると言われています。

<大事な部分の周りがにおう「すそわきが」>
ワキガはワキだけのものと思っている人も多いですが、デリケートゾーンの周りがにお
う「すそわきが」に悩む人も少なくありません。「すそわきが」もワキガと同じメカニ
ズムで、デリケートゾーンの周りにあるアポクリン腺から出る汗によってニオイを発生
しますが、ワキのニオイとはまた違った独特のニオイであることもあります。女性の場
合は特に、生理やおりものなどのニオイが混ざり合って、より強いニオイを発すること
があります。

<脱毛するとどうしてニオイが軽減する?>
一般的にワキは閉じていることが多く、デリケートゾーンの周りも普段はショーツを履
くためほかの場所に比べてとても蒸れやすい環境になっています。この蒸れが雑菌の繁
殖を助けてしまうので、ニオイを発生しやすくしてしまっています。
脱毛するとワキやデリケートゾーンに毛が無くなりますから、当然蒸れにくくなります。
蒸れにくくなることで、雑菌も繁殖しづらくなりますから、ニオイの原因も発生しにく
くなるので、結果的にニオイが軽減されるというわけです。
ただしニオイがきつい場合には、あまり効果は期待出来ませんので、きちんとワキガ治
療をすることをオススメします。

脱毛でワキガや「すそわきが」が良くなることはありませんが、ワキガの原因となる雑
菌の繁殖を防いで、ニオイを減らすことは可能です。ワキガではないけれど、ワキ汗や
デリケートゾーンのニオイが気になる人にも脱毛は悩み改善の一歩となりますね!

ページの先頭へ戻る