全身脱毛は何回で終わる?回数制と無制限サロンどちらがお得?

脱毛に通う方法には、脱毛をはじめるときに脱毛回数を買う回数制と、脱毛の回数は無制限で毎月決まった金額を支払う月額制の2つがあります。
それぞれの良さと不安な点を考えてみます。
先に回数を買う月額制は支払った金額以上の出費はありませんが、
購入した回数では施術回数が足りず中途半端な状態で脱毛が終わってしまう可能性があります。
逆に、月額制は自分の満足いくまで無制限で通える代わりに、費用がいくらかかるかわからない不安があります。
せっかく高いお金を払って通うのですから、ムダは避けつつ理想の状態にしたいですよね。
では回数制と月額制はどっちを選べばいいのでしょうか?
答えは、いったい何回脱毛を受ければ毛がなくなるかを考えれば見えれきます。

・ツルツルを目指すなら最低12回は脱毛が必要
部位や個人によって差が多少ありますが、自己処理がほとんど不要になるまで最低12回程度必要とされています。

1回で脱毛が完了することはありません。これは医療脱毛も同じです。
サロン脱毛の効果は一般的に6回目くらいから現れると言われていて、
全体の毛の約40%にするのに約6回、
全体の約80%の脱毛(時々数本生えてくる毛をたまに自己処理する程度)にするのに約12回、
全体の約95%の脱毛(自己処理がほとんどいらなくなる程度)にするのに約18回必要と言われています。

ムダ毛の量を減らしたいのであれば6回程度でOKですが、もっとはっきりと脱毛効果を実感するには最低12回程度の脱毛が必要になります。
もしあなたが自己処理からいっさい解放されたいと考えているのであれば、だいたい18回以上脱毛を受ける必要があるということになります。
意外と回数を重ねる必要があるんですね。
さて、漠然と回数をお伝えしましたが、これはあくまでも一般的に言われている目安です。
実際に脱毛を受けてみたらもっと効果が早く出る場合も十分に考えられますし、
このくらいの薄さならもうOKだなと思える場合もあります。

なので、あまりにも迷った場合は、「試しに回数制限のない月額制のサロンを選んでみる」というのは1つの手です。
まとまった金額が必要な回数制とは違って、月額制なので初回の費用をとても安く抑えることができまし、
効果が感じられなければすぐに止められます。
数回通ってみて、なんとなく自分の効果が出るペースをつかんだら、
あと何回くらいで終わりそうかなというシュミレーションをしてみてください。
脱毛完了までの残りの予想施術回数を月額制と回数制で比較してみて、
回数制のサロンの方が安く完了できそうならそちらに切り替えることも簡単にできるのが月額制のよいところです。

★比較表
サロン名:キレイモ
6回:57,000円(税別)
12回:114,000円
18回:171,000円

サロン名:脱毛ラボ
6回:64,668円(税込)※月額制コースの場合
12回:129,336円
18回:194,004円

サロン名:シースリー
6回:42,000円(税込)※中途解約の違約金等の考慮はなし
12回:84,000円
18回:126,000円

サロン名:銀座カラー
6回:99,000円(税別)※6回コース
12回:239,000円※脱毛し放題コースの価格
18回:239,000円

サロン名:ミュゼ
6回:167,580円(税別)
12回:--- ※回数コースなし
18回:---

・重要なのは1回で施術してくれる範囲の広さ。全身脱毛を終わらせるために必要な期間
脱毛を完了させるために大体必要な回数がわかったところで、
次に気になる「脱毛完了までに必要な期間」について考えてみましょう。

まずはじめに来店回数を確認します。
全身を6回、12回、18回と脱毛するのに必要な来店回数はサロンによって異なります。
なぜ来店回数がちがうのかというと、サロンによって1回の来店でお手入れする範囲が違うからです。
代表的なのは、1回の来店で全身を脱毛する方法、上下半分の2つに分ける方法、全身を4分の1に分ける方法の3つ。
仮に全身のお手入れを6回すると過程してみると、
1回で全身施術のサロンなら6回の来店、上下半分のサロンなら12回来店、4分の1のサロンなら24回の来店が必要ということになります。
回数だけで考えても、大分違いがあることがわかりますね。

次に来店頻度と掛け合わせます。
大体の脱毛サロンは3か月に1回程度と来店頻度が決められているため、
来店回数と来店頻度をかけると大体の脱毛期間が計算できます。
1回で全身施術のサロンなら18か月、上下半分のサロンなら36か月、4分の1のサロンなら72か月必要ということになります。
さすがに施術範囲4分の1のサロンが3か月に1回の来店頻度ではないでしょう。
しかし仮に2か月に1回の来店頻度でとしても36か月=3年かかってしまう計算になります。

脱毛範囲を小さくすることが一概に悪いと言っているのではありません。
範囲が狭い分、いいことも沢山あります。
お手入れする時間が短いので、拘束される時間が少なくて済みますし、
沢山のお客さんを脱毛してあげられるので価格を抑えやすく、お客さんは安い値段で脱毛を受けられます。
逆に、1回の来店で全身をお手入れするには時間がかかるため拘束時間が長くなりますし、
急な生理や用事で予約変更しなくてはいけない場合に、長く時間を確保できる別日を探すのが大変になります。
根気よく通えるならコンパクトな脱毛範囲のサロンでも十分にメリットを得られるので、
まずは自分のライフスタイルを思い出して、どのくらいの期間通うことができそうかを考えてみましょう。

・脱毛サロンに通う頻度はどうして2,3か月間ごとなのか
時間を作れば毎月だって通えるのに!どうして脱毛サロンは毎月通わせてくれないのでしょう?
それは「毛周期」という毛のサイクルに合わせて脱毛するからです。
私たちの毛は2,3か月かけて生える・抜ける・お休みするを繰り返しており、これを毛周期と呼びます。
脱毛は、そのサイクルのうちの「成長期」に入っている毛に光を当てることで効果を発揮します。
私たちが今見ている毛は全体の半分もなく、まだ埋もれている毛がバラバラに毛周期を繰り返している状態にあるため、
2,3か月ごとに光を当てて、その時に成長期に入っている毛に対して脱毛処理を行うのです。

ページの先頭へ戻る