40代・50代の脱毛は恥ずかしい?

脱毛をして、つるつるお肌になりたいと願うのは、何も20代や30代だけではありません。

女性なら、いつまでもきれいでいたいと思うのは自然なことです。

年齢が上がるとそこに、若い子ばかりの中で目立ってしまうのではと、恥ずかしいという悩みが加わりますね。

でも40代、50代だからといって、脱毛サロンへ通うのが恥ずかしいなんてことはありません。

むしろ、若い人でもはじめての脱毛サロンは緊張するのは同じです。

ただし、年齢を重ねた女性ならではの脱毛の注意点があることは事実です。

40代以降のサロン脱毛のメリットや注意点をご紹介します。

■20年前全身脱毛事情とは?

現在40代以降の女性たちが20代の頃は、今のように脱毛が一般的とは言えませんでした。

20年前に両脇の脱毛をしようと思ったら、相場が20万〜40万円と高額なのは当たり前でした。

全身の脱毛ともなれば、100万円を超えることも珍しくなかったようです。

当時のこの値段なので、若い子がちょっとお小遣いをためてできる価格ではないですね。

その上、脱毛の方法もニードル脱毛が主流だったので、痛みも決して小さくはありませんでした。

脱毛はほんの一部の限られた人がするもので、今のようにサロンでの脱毛は身近ではありませんでした。

■40代50代の今が脱毛のチャンス?

当時に比べると脱毛にかかる費用は、全身の脱毛を受けても平均30万円程度と、20年前の3分の1以下ですみます。

価格が下がり脱毛が身近になっただけではなく、40〜50代になると子育ても一段落して、時間的にも余裕ができます。

そんな今こそ、長年気になっていたムダ毛の処理を始めるチャンスです。

実は、この年代までに脱毛を始めた方が良い、もうひとつの理由があります。

それは、ムダ毛の色の問題です。

加齢によってムダ毛が白くなると、レーザー脱毛や光脱毛では脱毛ができなくなります。

レーザーも光も黒い色に反応をして、毛根にアプローチする仕組みになっているため、白い毛には反応しなくなってしまうためです。

もし脱毛を迷っているなら、今がはじめ時。

昔の脱毛のイメージは、一度払拭してしまいましょう。

■40代以降のサロン利用率

脱毛サロンの広告では、若いモデルさんが起用されたり、体験者にも若い利用者が紹介されたりしているので、つい敷居を高く感じてしまうかもしれません。

でも、実際は40代50代で脱毛サロンへ通っている人はたくさんいます。

ワキなどの部分脱毛から始め、最終的には全身脱毛を選ぶ人も少なくありません。

Vラインの脱毛を済ますと、スイミングで水着を着る時にとても楽になると、意外にも人気が高いのだとか。

また、大人の女性のニーズに合わせて、サロン側も落ち着いた雰囲気作りを心がけたり、接客マナーをスタッフに教育しています。

60代でもサロンで脱毛をしている方もいるので、40代を過ぎたからといって脱毛を躊躇う必要はありません。

■全く恥ずかしいことではありません

ムダ毛をなくしてつるすべのお肌になりたいと思う気持ちに、年齢制限はありません。

今の脱毛サロンで嬉しいことは価格的に手が届きやすくなったことだけではありません。

多くのサロンで肌のことを考えて、肌により優しい脱毛の機械が出てきています。

脱毛後の肌の手入れもしっかりとローションを使い、お手入れをしてくれるサロンがほとんどです。

脱毛を悩んでいるなら、その気持ちを大切にして一度サロンでカウンセリングを受けてみてはどうでしょう。

むしろ悩む時間がもったいないくらいです。

行ってみたら、意外とすんなり始められたなんて人が、実はほとんどなんです。

ページの先頭へ戻る