脱毛施術前の着替えが終わったらどうやってスタッフを待つ?

はじめて脱毛サロンへ行く前は、直接脱毛に関わらないことでも何かと気になることが出てきますよね。

脱毛の施術を受けているときは、担当の人とおしゃべりをするのだろうか? 

貴重品はどこに置いたらいいんだろうとか。

サロンが用意してくれるガウンに着替えた後は、どうやってスタッフを待てばいいのか。

待っている時間はほんの短い間でも、実際には長く感じておろおろしてしまうってこともあるでしょう。

実際にサロンで脱毛を経験した人の体験を参考に、受付から施術までの流れを見てみましょう。

■着替えが終わったらベッドに座っている人が多数

脱毛当日は、注意事項などの説明を受けた後、受付の人が個室に案内してくれます。

サロンによって室内の様子は様々で、部屋になっているところもあれば、ベッドごとにカーテンで区切られているところもあります。

個室の大きさや装飾なども、サロンごとに工夫が凝らされており、中にはびっくりするほど広いサロンもあるようです。

個室に案内された後は、ガウンや施術着に着替えるよう指示されるので、着替えて担当者を待ちます。

着替え終わって待つ間は、部屋の大きさや設備に関わらず、なんだか手持ち無沙汰でどう待ったらいいのか落ち着かない人が少なくないようです。

頃合いを見計らって担当の施術師がくるので、それまではリラックスして待っていてOKです。

ほとんどの人は、ベッドに座って担当者が来るのを待っているようです。

■実はベッドに横になっていた方が良い?

上にも説明したように、ベッドに座って待つ人がほとんどですが、サロン側としてはベッドに横になっていてもらった方が良いのだとか。

座って待つのは、横になって待つよりは行儀がよさそうですし、慣れない所でいきなりは横になりづらいということもありますよね。

でも施術はベッドに寝た状態で行われるので、衣類の準備が整ったら施術体制でスタンバイしていた方が施術も早く進みます。

サロンにしてみれば、すぐに脱毛に取りかかれるので、横になって待っていてほしいと言うのが本音のようです。

■リラックスして待ちましょう

あまり前もって心配しすぎずに、流れに任せようと楽な気持ちが大切です。

実は脱毛サロン経験者の5人に1人は、着替えを終わってから担当者が来るまでの時間をもてあましまった経験があるのだとか。

中にはそのまま立って、担当者を待っていたなんて人も。

何度もサロンに通っている人なら、どの体勢で待てばいいのかわかりますが、はじめての時は誰もが戸惑ってしまうということでしょう。

サロンの混雑状況によっては、待ち時間が10分以上かかる場合が稀にありますが、多くの場合は着替え後のタイミングで担当者が入室してきます。

緊張して待つよりはリラックスをして楽な体勢で待つ方が、その後の脱毛の痛みやストレスを軽減できます。

はじめてのサロンで勝手がわからないときは、ベッドに横になっていて良いか確認してみてもいいでしょう。

■わからないことを聞くことも大切なコミュニケーション

全身脱毛では、短くても1年は同じサロンに通うことになります。

大切な肌を預ける上で、サロンとの信頼関係は早く築いておきたいもの。

たとえ月に1回でも、スタッフに不信感があるサロンでは通うのが嫌になってしまいますよね。

気になることは、どんどん確認してコミュニケーションを図ることも大切なプロセスです。

気持ちよく脱毛処理を進めるためにも、自分が安心して通える環境づくりは欠かせません。

そのためにも、お客側も希望や疑問に思ったことを伝える努力は必要です。

ページの先頭へ戻る