子連れで脱毛サロンに来店できる?

妊娠中から気になりだした、ムダ毛の処理。

ようやく赤ちゃんの授乳も終わり、やっと脱毛サロンへ行けるようになっても、子供と一緒に行けるサロンはあるのか、気になりますよね。

結論から言ってしまうと、残念ながら、ほとんどのサロンで子供を一緒に連れて行くことはできません。

授乳中のママが脱毛ができないのはなぜ?

脱毛サロンが子連れ入店を断る理由とは?

ママでも脱毛サロンに通う方法とは?

そんな疑問を、一つずつ解決していきましょう。

■授乳中のママが脱毛できない理由

妊娠中は通常とはホルモンが変わり、肌も身体も敏感になっているため、サロンでの脱毛はできません。

また産後も、生理が始まってから脱毛が受けられるところと、授乳中は脱毛ができないところと違いがあります。

こちらもホルモンの状態が安定するのを待ってからという理由です。

一方で、妊娠や出産では肌を他人に見せる機会が増えることから、それまで気にならなかったムダ毛を気にする人が増える傾向があります。

一度気になり出すと、気になって仕方ないのがムダ毛の問題。

授乳が終わり、身体もホルモンも元の状態に戻り脱毛再開を楽しみにしている人は多いのではないでしょうか。

しかし、ようやく卒乳をして、いざサロンへ行こうと思っても、子どもと一緒に行けるサロンはほとんどありません。

どうして子供を連れて行けるサロンがほとんどないのでしょう。

次は、その理由について解説します。

■子連れ入店NGは子どもの安全を守るため

子連れで脱毛サロンでの施術を認めていところは、現在はほとんどありません。

中には無料のカウンセリングさえも、断っているサロンもあります。

その理由のひとつは、託児システムのあるサロンがほとんどないことです。

脱毛サロンも価格競争の時代。

サービスを充実させて料金を上げても、利用者は安いサロンへ流れてしまうのが現実です。

カウンセリングや施術時に子どもを、見てくれるスタッフがいない以上、安全性の面からも子連れ入店は受け入れられないのがサロンの実情です。

特に、脱毛に使用する光照は、が子どもの健康に影響する可能性があります。

脱毛を受ける本人は、アイマスクをしたり、クリームをつけるなどして、目や肌を守りますが、小さな子どもには強制できません。

そのうえ、様々な機械も置いてあるので、何か事故があったときにサロン側では責任が取れません。

たとえ、子供を待たせてもらえたとしても、気になって落ち着いて脱毛を受けられそうにありませんね。

■託児所や家族にお願いをしましょう

最近は大型ショッピングモール内に出店している、脱毛サロンもあります。

こうしたショッピングモールには、託児所が完備しているところもあるので、そうした施設を利用してみては。

専門のスタッフが常駐しているので、子供を安全に預けることができます。

託児所など新しい環境が苦手な子供は、家族や友人など慣れた大人に預かってもらうのがいいでしょう。

長時間お願いするのが難しい時には、脱毛のプランや内容を決める時に相談してみましょう。

例えば、部分脱毛なら1回の施術が30分で終わる場合もありますし、全身脱毛のプランでも月に1度だけ通えばいいサロンもあります。

また、預かってくれる人の予定も考慮できるように、予約の取りやすさはサロン選びの重要なポイント。

当日のキャンセルが無料のサロンなら、さらに安心です。

子供が急に熱を出したり、預かってくれる人の予定が変わったりしたといも、無理なく対応できますね。

■ママが脱毛サロンに通える環境づくりを

ママになると、子どもや家族を優先するのが当たり前になりますが、ママだってしたいことをする権利はあります。

子供を待たせてしまう、後ろめたさを感じるかもしれませんが、施術時間や回数の少ないプランを探すなど方法はあるはずです。

その上で、旦那さんや家族に協力をお願いしてみましょう。

サロン通いを月に一度の息抜きタイムにすれば、ストレス発散にもなるのでおすすめですよ。

ページの先頭へ戻る