剃り残しがあったら脱毛してもらえないの?

光脱毛は、ムダ毛が伸びたままだと脱毛をすることができません。

脱毛をしてもらうのだから、毛が伸びていた方がいいような気がしますが、それは間違い。

ムダ毛が伸びた状態で光脱毛をすると、反応をする部分が多くなり、痛みややけどを引き起こす原因になります。

うっかり剃るのを忘れたり、剃り残しがあったときはどうなるのでしょうか?

自分では剃りづらい、身体の後ろはどうしたら良いのでしょう。

サロンの対応を見てみましょう。

■脱毛前日までに自己処理を

サロン脱毛を受けるためには、脱毛当日の3日前から前日までに、脱毛箇所の自己処理をするよう指導されます。

自己処理では、カミソリや顔用シェーバーで優しく毛を剃りおとしておきます。

毛を剃った後は、保湿クリームを塗って乾燥から守りましょう。

一方、絶対にしてはいけないのは、毛抜きや脱毛ワックスです。

光脱毛では光照射を黒色に反応させて毛根にダメージを与え、脱毛効果を引き出します。

毛抜きやワックス処理をして毛がない状態では、光に反応せず脱毛効果が得られなくなります。

■剃り残しがあるとどうなる?

自己処理で毛を剃ったつもりでも、きちんと剃れていないことや剃り残しがあったときは、どうすれば良いのでしょう。

実はこの場合の対応は、サロンによって違います。

以前は剃り残しがあっても、サロンでシェービングをしてくれていたところがほとんどでしたが、最近では様子が変わってきています。

無料のシェービングが含まれているサロンがある一方で、シェービングは有料というサロンも。

中には剃り残しがあると、その部分以外の脱毛になったり、施術自体を断るサロンもあるようです。

サロンの対応はそれぞれ異なるので、うっかりミスのないよう事前に確認しておきましょう。

■背中やVIOのサロン対応は?

全身脱毛では、背中や腰、うなじなど、自己処理が難しい部分もあります。

たいていのサロンでは、体の後ろはおしりも含めてシェービングしてくれます。

でも、安心して脱毛当日を迎えるためにきちんと聞いておきましょう。

またVIOは肌がデリケートなので、自己処理を推奨していないサロンもあれば、有料でシェービングをしているサロンもあり、対応はさまざまです。

公式サイトに「シェービングサービスあり」と大きく宣伝しているサロンもあるので、部分によっての対応の違いなども含め確認しておきましょう。

サービスに含まれているサロンなら、うっかり剃り残しがあったときでも安心ですね。

■VIOゾーンの自己処理は安全第一

上に説明したように、サロンによってVIO部の毛の処理の考え方は様々です。

ただデリケートな部分だけに、他人に任せたくないという人もいるでしょう。

自己処理をするときには、安全を最優先に行うことが大切です。

慌てずに時間をかけて、ゆっくりと丁寧に処理を進めましょう。

まずは、はさみで根元のそばまで毛を切ります。

その後、電気シェーバーでゆっくりと剃っていくと肌への刺激が少なく済みます。

ただI・Oゾーンは、見えにくく、また肌も敏感なため、剃り残しができやすくなります。

その際はサロンの人に相談して、安全な方法をとるようにしましょう。

くれぐれも、無理をして肌を傷つけないように気をつけてくださいね。

■豆知識「サロンがシェービングを断るワケ」

サロンでのシェービングサービスが少なくなってきたのは、どうしてでしょう。

ちょっと位剃り残しがあってもサロンでシェービングしてもらえるから大丈夫と、自己処理を怠る人が増えたからではないかという意見もあります。

当たり前ですが、サロンでシェービングをする際にも、もちろん時間がかかります。

一人ひとりのシェービングまでフォローしていたら、サロンとしては施術時間が長くなってしまいます。

その結果、なかなか予約が取れなくなってしまっては、意味がありませんよね。

サロンで指導される事項は、必要最低限のケアがほとんどです。

脱毛前の自己処理もそのひとつ。

すべてサロン任せにするのではなく、自分でできるケアをすることが、脱毛をキレイに早く終わらせるためのコツでもあるということですね。

ページの先頭へ戻る