テスト照射が可能な脱毛サロンはどこ?

全身脱毛はしたいけれど、痛みや肌への影響が気になる。

そんな時は、ぜひテスト照射をしてもらいましょう。

光脱毛は肌に負担の少ない脱毛方法ですが、サロンの機械の出力が自分の肌に合うかを知ることはとても重要です。

全身脱毛では短くても1年以上は同じサロンに通うことになるので、できるだけ快適に施術を受けたいもの。

安さや立地だけでなく、施術時の相性も確認することをおすすめします。

■テスト照射ができるサロンとは?

ただし、全てのサロンでテスト照射ができるわけではありません。

ホームページでカウンセリング時のテスト照射を紹介しているサロンもあれば、何も記載がないサロンもあります。

とはいえ、記載がないサロンでも、肌の状態やテスト照射の希望を伝えれば、応じてくれる場合もあります。

特に乾燥肌や敏感肌で、脱毛時の肌トラブルが気になる人は、テスト照射は必須です。

事前にテスト照射が可能か問い合わせをして、まずはテスト照射で肌との相性を確認したいことを伝えましょう。

それでもテスト照射を拒むようなサロンであれば、契約しない方が無難です。

■テスト照射が肌を守る

光脱毛はひとつの波長を照射するのではなく、波長の違う複数の光を同時に照射します。

光の長さはサロンで使う機械によって違ってくるので、その複数の波長が合うかどうかは個人差があります。

全身脱毛の契約をする前に、テスト照射をしてみて機械との相性を確認することは、とても大切。

脱毛時の痛みや効果が分かることはもちろん、テスト後にアレルギーは出ないか、異常なかゆみや赤みの反応はないかといった確認もしましょう。

このようにテスト照射を受けることは、肌へのリスクを避けることにもつながります。

■技術面もチェック

機会と肌の相性だけでなく、サロンとの相性をチェックする上でもテスト照射は役立ちます。

施術室やスタッフの対応など、様々なことを知るチャンスなので、この機会にしっかり見極めましょう。

いくら設備が整っていても、施術をしてくれる人の経験や技術が足りないと、脱毛の効果が出にくかったり、痛みの原因にもなる可能性があります。

テスト照射では受身になるだけではなく、自分からサロンを選ぶいいチャンス。

気になることは、どんどん質問して納得するサロンを選びましょう。

■テスト照射できる部位は決まっている?

テスト照射の部位は、決まっているサロンと限定なしのサロンに分かれます。

決まっているサロンでは、腕の内側を指定されることが多いようです。

腕の内側は、比較的皮膚が薄く、敏感に痛みを感じやすい部分。

そのため、腕の内側で脱毛をしてみて、異常が出なければ、全身脱毛をはじめられると判断できるからです。

テスト照射をして、光アレルギーがあるとわかった時は、サロンで脱毛を続けることは難しくなります。

アレルギー反応以外での痛みや赤みが出た場合は、機械の出力を調節したり、冷却ジェルの量を増やすことが考えられます。

時には数日してから、肌に反応が出る場合もありますので、テスト照射をして問題がなくても、即日に契約をするのは避けましょう。

また、テスト照射の部分指定がないサロンでは、毛の多く生えているところを選ぶ場合もあるようです。

■テスト照射以外にも確認したいサロン対応

無料でテスト照射をしてくれるところ、数百円かかるところ、希望者だけではなく、脱毛を考えている人全員にテスト照射をするサロンと、対応は様々です。

肌荒れや乾燥が気になる人は、テスト照射を受ける前に肌の状態をチェックしてもらうことをおすすめします。

日焼けや肌の乾燥は、肌トラブルのリスクを避けるために、脱毛施術が受けられないことがあります。

肌に合ったアドバイスをしてもらうことで、保湿クリームなどでお手入れするなど、脱毛OKな肌にすることができます。

■サロン選びは焦らずに

サロン選びでは、口コミサイトなどを利用する人も多いと思います。

確かに口コミも参考になりますが、大切なのは自分で実際に体験して見極めることです。

肌には、人それぞれ個人差があります。

友達の肌にあったサロンが、必ずしも自分の肌で同じような効果が出るとは限りません。

焦らず、面倒がらずに、サロンに足を運ぶことが、ベストなサロンと出会うための近道です。

ページの先頭へ戻る